小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
対岸の彼女 (文春文庫)対岸の彼女 (文春文庫)
(2012/09/20)
角田 光代

商品詳細を見る


前書き
彼女といっしょだったら、なんだってできると思う。
「どこか遠くに行きたい」、その気持ちだけで、あたしたちは、どんな場所にだって行くことができるはず。その先に待ってる未来とはどんな素晴らしい世界だろうか。思い描いて見る。あたしの空白が埋まっていく。傍らでハミングする彼女は今何も思っているのだろうか。二人でなんとかしてみる。絶対なんとかしてみせる。日に焼けた2つの顔が、車内の窓ガラスに反射して、本当の双子あるいは、姉妹のように見えて、なんだか笑顔が出た。



私はぼんやりと考える。なんのため、歳を重ねたのか。
繰り返し繰り返し自分の中で問いかけてきた。子どものこと、旦那のこと、姑のこと、言葉にしなければいけないことがあっても、うまく口に出すことができず、じぶんが他の誰かだったらどうだっただろうなどと考えてしまう。だが、仕事を教わり、集中して作業をこなしていくと、頭の中が真っ白になっていく。頭の中に延々と続く問いが消え、ただぽかんとした空白が広がる。その空白がずっと身を置いておきたい心地にさせた。自分が考えていることは、そんなに難しいことではないと思えた。


ジャンル・タグ 
切ない青春少女友情小説かつ主婦ヒューマン小説・重量感(中)・選べない高校生のあたし・選ばない主婦の自分・「だれかと親しくなること」

評価  
最高  

第132回直木三十五賞受賞作。読み終わった後、いつまでも、物語の余韻に浸っていたい作品。色々な物語を読んできても、まだこんなにも感傷的になれる作品があるのだなとしみじみ感じていまいました。色々な物語を読めば読むほど、面白い、面白くない、という感覚が鈍くなっています。世間的に面白くないものもそれなりに楽しめてしまう現状。今の自分は小説をあまり読んだことがなかった自分より確実に面白さの取捨選択の能力は落ちてますが、これは私の感覚が鈍っても、するどく、面白さという香りを漂わせているため、すぐさま嗅ぎ分けることができる作品です。2人の女性の友情小説というべきでしょうか。ただ、友情に熱情的なものではなく、もの人恋しいような一種の恋愛感情に近くみえる友情。切なく、刹那的であり、ただ希望もある物語です。物語の一人称は二人いるため、青春少女友情小説であり、同時に、主婦目線小説ということができます。ただ、短編ではありません。物語全てリンクして最終的に1つに集約します。季節はいつでもおkですが、個人的には夏。時代錯誤あり。読む人の家庭での立場によっては説教されている感覚もある文章もあるかもしれませんが、純粋に物語を浸ってほしいですね。


感想ネタバレ↓
[角田光代 対岸の彼女]の続きを読む
スポンサーサイト
獣の奏者 3探求編 (講談社文庫)獣の奏者 3探求編 (講談社文庫)
(2012/08/10)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る


前書き
降臨の野で起きた、あの出来事によって、真王、大公という国を動かす2つの存在は手を取り合った。
その選択が正しかったのかどうかは、未だわからない。
新たな希望を与えた。また、幸せも与えた。
平和とは、とても危うく、何かの拍子に崩れ落ちてしまうものかもしれない。
闘蛇と、天獣の生態がわかってくることは、喜ばしいことでも、悲しいことでもあった。
ただ、そこから逃げることも出来るわけでもなく、逃げ出したいとも思っていなかった。
選択肢は一つしかなかった。


ジャンル・タグ 
ファンタジー・異世界・重量感(中)・中世・闘蛇・国・政治・天獣・真実

評価   
素敵 

2作目の続編です。いいものは、いい。それだけの内容がここにはありました。ファンタジーとしてリアリティつけるために、現実世界の生物の生態や、人の歴史など、緻密に組み込んでつくりまれています。それはとても現実世界の合理性、人の利害感を上手く描いています。1、2巻と同様にこれは決して児童小説なんかではありません。大人の読み物として深いです。ヒューマン小説、人として教訓を教えられます。上橋さんは様々な文献や専門家の話を取り入れて作品を描いているようです。これは大傑作です。



[上橋菜穂子 獣の奏者 〈3〉探求編]の続きを読む
関連記事
ツ、イ、ラ、クツ、イ、ラ、ク
(2003/10/23)
姫野 カオルコ

商品詳細を見る


前書き
子どもの頃に考えていることは大人になったときに考えることと本質的にはさして変わりがない場合が多々ある。

が、大人になると、自分が子どもの頃を忘れ、まだ「子ども」だからという思考が浮かぶ。

子どもだから、そういうことを考えないわけがない。
子どもだから、まだそういうことをしていないわけがない。
あなたもそうであったように。

人にとって、自分が待っている真実だけが真実なのである。
子ども騙しは 「子どもを騙す」ではなく、「子どもが騙し」ていたのだ。



「気持ちいい。唇と唇が重なり合うことがこんなに気持ちいいことなんて」



ジャンル・タグ 
コミカルで官能的で切ない恋愛小説・重量感(中)・カリカチュア・「○○と○○はデキている」・学生時代の陰険さと明朗さ・カリカチュア・過去の青春の懐かしさ・ヘンリーミラー「北回帰線」・生徒と先生

評価  
最高  

「昭和の犬」を読んで、姫野さんの作品を何作か読みたくなりました。「昭和の犬」は個人的に面白い小説ではありませんでしたが、とても「流暢な」、「慣れている」文章だったのでストーリーがはまれば、傑作があるのではないかと思って読みました。個人的には面白かったです。とても卑猥で、ですがとても本音で、実寸大より少しのテンション高めの大量の登場人物たちは、どんな子も流暢でした。活劇的であり、かと思えば、どんどん浸っていくとても切ない恋愛小説でした。多彩な心理描写とキャラクター設定、博学多才を垣間見せる舞台背景。舞台は新選組や歴史的人物や数学を使った大量のメタファーたちは印象的でした。滋賀弁?がデフォルト。時代錯誤は、微かに感じるかも知れないです。個人的には気になりませんでした。性的表現が多いので、苦手な方はご注意ください。


感想ネタバレ↓
[姫野カオルコ ツ、イ、ラ、ク]の続きを読む
関連記事

昭和の犬昭和の犬
(2013/09/12)
姫野 カオルコ

商品詳細を見る


前書き
「やっぱり犬を飼っていてよかった」

彼らはとても愛らしく、いつも私の生活の中にいた。

幼稚園児のときも
小学生のときも
中学生のときも
高校生のときも
大学生の時も
社会人になっても

小型犬
中型犬
大型犬

色んな彼らに出会って本当によかった。

ただ会えるだけでうれしい。ただそれだけ。


ジャンル・タグ 
ヒューマン小説・現代風・重量感(中)・昭和の生活・昭和の文化・犬猫との暮らし・一生のうちに出会った犬たち


評価  
良書

犬猫好きと滋賀県出身の方には
素敵 


第150回直木賞受賞作品。戦後の昭和の日本、またテレビもなかった幼少期から始まり、2008年までの壮年期までの柏木イクの半生を描いた作品。舞台は滋賀県です。姫野さんの出身だそうです。昭和の時代の生々しさと、その合間で色々な種類の犬がたくさん登場します。自分の犬、隣の家の犬、散歩途中で会う犬どれも、特徴的で犬を飼う前に読んでおきたい一冊ですね。滋賀弁が満載で滋賀県の方には必見です。

関連記事
文庫版 鉄鼠の檻 (講談社文庫)文庫版 鉄鼠の檻 (講談社文庫)
(2001/09/06)
京極 夏彦

商品詳細を見る


前書き
拙僧は鼠である。
人であるが、鼠である。

未だ、牛を知らず。
鼠であるのは、牛となった者を存じている為よ。
その方、見事に牛となられ、仏とした。

何と浅ましいことよ。
未だ、修行ならず。

仏は、拙僧を檻の中の鼠という。
仏は、牛を逃がすため、檻を造ったのだという。
牛得ると謂わば、片腹痛しと覚ゆ。

何と我が身の至らぬことよ。

まさに我は鼠である。

ジャンル・タグ 
ホラーチックな推理ミステリ・昭和初期・重量感(大)・時代に取り残された温泉地・山中の坊主達の奇妙な生活・記録が全くない寺院・十年以上成長しない少女・檻の中の異世界

評価  
素敵 

百鬼夜行シリーズ(京極堂シリーズ)の第4弾。ちょいホラーチックのミステリです。個人的には怖くはありません。ミステリ重視。物語の続きとして見てきましたが、この小説から読んでも、支障はありません。登場人物の様々な思いと、行動が複雑な形で入り乱れ、全く関係なさそうなことが伏線となっていたりと奥深いです。興味があればどうぞ。前作(冬)の続きで、設定では時期は冬頃のようです。いつもどおり、お馴染みのキャラクターが出てきます。新しいキャラも出てきます。寄り道も多い長い内容なのでご用心。

感想ネタバレ↓
[京極夏彦 鉄鼠の檻(百鬼夜行シリーズ④)]の続きを読む
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。