小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
象られた力 kaleidscape (ハヤカワ文庫 JA)象られた力 kaleidscape (ハヤカワ文庫 JA)
(2004/09/08)
飛 浩隆

商品詳細を見る


前書き
いつも読んでいる本にあきたら、言葉に贅を尽くした「初篇デュオと残りの3篇のSF短編集」を読むといい。いつもの小説とは視点が違う世界に出会うかもしれない。

ジャンル・タグ 

「デュオ」
サスペンス・現代・重量感(中)・ピア二スト・いざなう二重奏・死臭

「呪界のほとり」
SF・惑星・重量感(小)・語り合い・博識な老人・お茶目な竜

「夜と泥の」
SF・惑星・重量感(大)・有機な機械・99%の精密さ・1%の思い

「象られた力」
SF・惑星・重量感(大)・図形の意味・魅力的な文化・発動条件

一気読みはオススメできません。一気に読むと、気疲れするかもしれませんので。特にSF3タイトルは。1タイトルずつ間をとってこなすのが個人的にはベストでした。※官能的な表現が含まれています(象られた力)。

評価
  
デュオ     最高 ★★★★★
呪界のほとり 素敵 ★★★★
夜と泥の    普通 ★★
象られた力  良書 ★★★


感想ネタバレ↓
[飛浩隆 象られた力]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。