小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2000/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312001/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スカイ・クロラ (中公文庫)スカイ・クロラ (中公文庫)
(2004/10)
森 博嗣

商品詳細を見る


前書き
こども達はいつも戦争に駆り出されている。

とはいえ、こども達はそれを生業としてお金をもらい生きている。

いつも敵を迎撃つために戦闘機に乗り込み、空を駆け抜ける。当然生きていくために必要なことであるが、「彼ら」がこの仕事をやめないのは死ぬためであるかもしれない。

「彼ら」は歳をとらない。

「彼ら」が戦争の前線にいる一方で、戦争とは無縁な人々がいる。その人達はこどもから大人へ普通に歳をとっていく。つまり、「彼ら」は特別な存在なのだ、いつまでたっても歳をとらない。いつまでたってもこどものまま。そして「彼ら」の考えている事などは人々にはわからない。わかってももらいたくない。

「彼ら」はキルドレと呼ばれている。

そしてここに一人のキルドレの物語が始まるのだ。

ジャンル・タグ 
SF・現代・重量感(小)・飛行機・アクション

この物語の世界では実際に「こども」が二種類存在します。大人に成長し歳をとっていくだろう「こども」と、ある時点で成長がとまり大人にならないまま生き続ける「こども」の二種類がいるのです。後者の「こども」のことを「キルドレ」といいます。


評価
 
いまいち 

感想ネタバレ↓
[森博嗣 スカイクロラ(The Sky Crawlers)]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。