小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西の魔女が死んだ (新潮文庫)西の魔女が死んだ (新潮文庫)
(2001/07)
梨木 香歩

商品詳細を見る


前書き
私の大好きなおばあちゃんは「魔女」のなのだ。

それは、単なる魔法や、空を飛べるというファンタジー世界のありきたりな「魔女」ではない。それはどんなひとにもその能力は眠っていて、「魔女」の力はどんな人にも発揮できることなのだ。

その大好き「魔女」が寿命を迎えて亡くなったのだ。生前、私はおばあちゃんから「魔女」になる心得を教わった。私にとって、「魔女」になる心得を守ることは、おばあちゃんとの大切な約束だった。私は守らなければならない。

 「西の魔女」、そう
      私のおばあちゃんは
          「私を迷い、不安から打ち解く」呪文をとなえてくれたのだ。


ジャンル・タグ 
ほのぼのヒューマン・現代・重量感(小)・切ない思い・初夏の思い出・岐路に立つ時

ファンタジーでもホラーでもありません。展開はドラマチックではなく、ほのぼの系の小説です。
ですので、劇的な展開を望むのは違います。面白さを切望する人の来る場所ではありません。ここは大切なことを得ようと切望する人が来る場所です。

あなたがこの物語を読んで評価が上がったら、その分、あなたは社会の色に染まり、色は汚れているでしょう。この物語を読んでつまらなければ、純真な心の持ち主で空想ばかりに目を向ける人かもしれません。

小中学生時代に読むことが適当な一冊。大人になって心を軽くしたいと思った時に読み返す一冊。読む季節は春から初夏がベスト。薄いのですぐ読み終えることができます。難しい本、長編の本に飽き飽きした後にどうぞ。


評価  
良書

感想ネタバレ↓
[梨木香歩 西の魔女が死んだ]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。