小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
檸檬のころ (幻冬舎文庫)檸檬のころ (幻冬舎文庫)
(2007/02)
豊島 ミホ

商品詳細を見る


前書き
北高、それは私達の思い出。いろいろなことがあった。
あの頃の私達はいつも変わらない、つまらない日常を過ごしてきたと思っていた。
実際、何一つ特別なことはない、どこにでもあるようなことだ。

だけど、今、こうして地元に帰ってきて、高校生3年間過ごしてきた高校を見上げると、
辺り一面に積もった雪道を好きな同級生といっしょに帰ること、学校で一日中好きな人のことで悩むこと、担任の先生の悪口を言うこと、それぞれが宝物のように思える。

学校の近くに見える金子商店の店主も、東京の大学に行ってしまった友達もその一人だ。北高の思い出をみんな持ってる。きっと、校門でしゃべり合っているあの子達もそう思うときが来る。


北高を思い出にする時が。

ジャンル・タグ 
恋愛・青春(学園)・重量感(小)・淡い恋・ごく当たり前の日常・伝わって欲しいけど伝わらない・密かに繋がっている人々の関係


評価  
普通

北国で田舎にある北高に関わる人達のお話。生徒、先生、OB、近隣の人。彼らが語る7つのショートストーリー。それぞれ7人の主人公が彼らの視点で北高からお届けするストーリー。どこの日常でもあるような日々をそれぞれの思いともに読者にお届けします。連作短編です。※性的表現が含まれています。

感想ネタバレ↓
[豊島ミホ 檸檬のころ]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。