小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黄金旅風 (小学館文庫)黄金旅風 (小学館文庫)
(2008/02/06)
飯嶋 和一

商品詳細を見る



前書き
長崎は徳川家直轄の地だ。ポルトガル人も、イスパニア人、オランダ人も、唐人も入り乱れた今の暮らしは直に終わる。すべての教会は壊され、切支丹はことごとく追放される。長崎も、有馬領も、島原で起きてきたものと同様に同じことが繰り広げられる。

秀吉が天照神として、この長崎で切支丹を磔刑したように、今度は家康が同じことをやる。他の神など一切いらないのだ。長崎の者は、もちろん選ぶ余地はなく、天主教を棄てるしかない。もし、隠れて経典でも読んでいれば、公儀御法をないがしろにし天主教を密かに信奉した非道の輩とみなされる。そして六十路をむかえる老母だろうと今年5歳となる子であろうと、検挙して牢屋敷に送られる。その後、待っているのは死である。

奉行所のやつらはいかに多くの切支丹をとらえて自分の手柄とするかに躍起になっている。その切支丹たちが、火あぶりされようが、斬首されようが、硫黄の臭いがたちこめる沸騰した硫黄泉に投げ込まれようが、自分の懐の肥しや自分の地位が確かであることばかりに目が向いている。

大愚を行う者は必ず大義を振りかざし、結果最も弱き者が悲惨を見ることとなる。


ジャンル・タグ 
歴史(時代物)・江戸時代初期・重量感(大)・町田宗賀の大甥・内町火消組惣頭平尾才介・末次平蔵茂貞の傑出した資質・キリシタン弾圧の歴史・カピタン平蔵の武力主義・「放蕩息子」の先見の明・雲仙地獄

評価  
素敵 
 
飯嶋さんの本は今回で3冊目になりますが、すべて傑作と呼べるに相応しい小説です。小説だけを見ていると、飯嶋さんは完璧主義者ですね。すべて参考文献を読み砕き、考証を重ねたうえで、歴史の一ページを一編たりとも逃すまいという気概が伝わってくる形に一冊です。ただ、読者の人からみれば、飯嶋さんの本は、どの本も長くて読みづらいという欠点はぬぐえません。私はいっこうにかまいませんが、長い文章、長い物語の展開を読むことが得意でない方や短い物語やスムーズに展開する小説が好きな人にとっては、傑作とはいえないでしょう。きっとダラダラ長くてしんどいだけの駄作です。歴史好きや歴史を研究している人にとっては司馬遼太郎さんの小説並みに読む価値のある小説として仕上がっています。そこが悲しくも嬉しくもあります。

感想ネタバレ↓
[飯嶋和一 黄金旅風]の続きを読む
スポンサーサイト
神無き月十番目の夜 (小学館文庫)神無き月十番目の夜 (小学館文庫)
(2005/12/06)
飯嶋 和一

商品詳細を見る


前書き
一つ、陸奥国と境を接する常陸の北限、小生瀬の地、忘れ去られた出来事があった。
一つ、元来、小生瀬の地では「十日夜」、稲の刈り上げ祭というものがあった。
一つ、収穫した米で餅をつき、御神酒を仕込み一年の無病息災を念じる祭り。
一つ、慶長七年 陰暦十月十日、「十日夜」も例年通り、行われるはずだった。
一つ、陰暦十月十日、小生瀬の村の者、総勢300人が村から跡形もなく消えた。
一つ、村のどの家々、人が死んでいたり、家が荒らされたりした形跡がなかった。
一つ、陰暦十月十日以降、小生瀬の地では、
      「十日夜」の行事は今後一切行われることはなくなった。


ジャンル・タグ 
ミステリな歴史小説・重量感(大)・安土桃山時代から江戸時代・常陸土豪の悲劇・一村亡所の謎・歴史に埋没した闇

評価  
最高  

徳川家康が天下を取った当時の茨城県のとある村の話。正史には記載されていないらしいのですが、総勢300人が消えた一村亡所はホントにあったような文献があるそうです。それをもとに飯嶋さんがアレンジを加えて書き上げてくれています。空寒くて悲しくてやるせない話です。文章は時代背景もあって日本の歴史に疎いと読みにくいと思います。完成度が高く練り上げられた小説です。ホラーではありません。ホラーではない「ぞっ」とする寒気があります。

感想ネタバレ↓
[飯嶋和一 神無き月十番目の夜]の続きを読む
始祖鳥記 (小学館文庫)始祖鳥記 (小学館文庫)
(2002/11)
飯嶋 和一

商品詳細を見る


前書き
龍神、それは永遠。

龍神が夢を描く時、私達はその出演者となる。
龍神が目をさませば、一つの夢が終わり、己も跡形もなく消える。

己が生や現実と信じているものは、龍神というものが見ているうたかたの夢ではないのか。たとえ名前が伝説として残ったとしても、身近に感じていた者たちがすべて死に絶えれば、すべては永遠の中に消し去られる。私達が消えた後には静けさが残るだけ。その静けさの正体が龍神、あるいは、永遠と呼ばれるものではないのか。つまり龍神が目を覚ましているのだ。

いつだって夢中だった。
暮らしていくために生業はいつも誠意に向き合ってきた。だが、気付くと凧作りなどという馬鹿げたことに打ち込んだ。それが何を意味するかも判らずに。そして世界を知った。時が経ち、型通りの暮らしへ同化していくとき、急速に何もかもが色褪せて見えた。

ふと気付くと、すぐ後ろに龍神がいた。

笑った。
馬鹿馬鹿しくて、笑った。
彼が目をさます前に、私にはやり残していたことがあった。
確かに、一つあった。


ジャンル・タグ 
ヒューマンな歴史小説・江戸時代中期・重量感(大)・浮田幸吉・鳥人幸吉・法度が作り出す架空の大罪・孤軍の先導者・夢中という病気

評価  
最高  

バイブルとして積読書にしたい一冊。会話文より地の文がやや多いです。正直読みにくいです。ただ、それ以上に内容がいいので。個人的には読むなら夏。

感想ネタバレ↓
[飯嶋和一 始祖鳥記]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。