小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11文字の殺人 (光文社文庫)11文字の殺人 (光文社文庫)
(1990/12)
東野 圭吾

商品詳細を見る


前書き
私達以外に誰かがあの事件を知っている。。。

背筋がぞっとした。
最近、私の身の回りでに鋭い視線を感じるのだ。
気のせいではないはずだ。
あの事件で私達が犯した罪に対して怒りを抱いている誰かがいる。

くそ。私の意見を通すべきだったんだ。強引にでも。
毎回毎回、手紙が届く。たった11文字だけ書かれている。
私達を復讐しようとしているんだと知った。

誰だ?

ジャンル・タグ 
推理ミステリ・バブル期・重量感(中)・例のクルージングツアー・無人島での出来事・全員が変人

評価  
いまいち 

テレビで放送されるサスペンスドラマのようなストーリー。この小説の出版年数もあり、ワープロがメジャー、携帯がないという状況です。時代錯誤があるのが嫌いな方は注意。

感想ネタバレ↓
[東野圭吾 11文字の殺人]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。