小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラギッド・ガール 廃園の天使 2 (ハヤカワ文庫 JA ト 5-3) (ハヤカワ文庫JA)ラギッド・ガール 廃園の天使 2 (ハヤカワ文庫 JA ト 5-3) (ハヤカワ文庫JA)
(2010/02/10)
飛 浩隆

商品詳細を見る


前書き
そこは真っ白だった。
天井も、壁も、床も何もかもが白で構成されている。
他の色といえば、中央には真紅の長方形のテーブルがあるだけだ。それ以外の色はない。

シンプルな空間。シンプルな背景。シンプルな研究室。

だからこそ、今、テーブルに横たえている彼女は整った美しさも際立つというものだ。
彼女自身もそのことをよく知っている。
彼女は自分の美貌も、自分の才能も、自分の性格も、自分の過去も、重々熟知している。
だからこそ、全く気づかない。彼女は気づかないのだ。
惑わされていることに。
なぜ、自分がこの真紅のテーブルの上に裸体を晒し横たえているのかを。

この世とは得体のしれないところだ。
私たちが日々生活している場所は、経験として馴染み深い場所なだけであって本質的に信頼できる場所とは限らないのだから。

そして美しく見えていることさえ、信頼の足りることか定かではない。
<Rugged Girl>ラギッド・ガール なんて彼女に相応しい言葉なのだろう。


ジャンル・タグ 
SF・仮想現実の正体と歴史・重量感(大)・仮想現実がもたらす社会現象と倫理観・<数値海岸>の様々な仮想リゾート・仮想現実の戦乱・「役割」に芽生える感情・饒舌な恥辱さ・意味不明な形容詞


評価  
素敵 

『廃園の天使』シリーズ第2作。意味不明で、残忍のため野蛮で、エロを象徴的であるため官能であり、科学が科学らしいために、どこまでSFな本書。一回読んだだけでは完全に理解できないのですが、それでいて、もう一度、読みたくなってしまう一冊。特に、「ラギッドガール」の章はとても難解。正直、私は「ラギッドガール」に読むことに疲れました。ただ、言い含めたいのは、読み切ったら、必ず、続きが気になってしょうがなくなるのです。本書は、一作目の続きであり、一作目の解説であり、過去であります。1作目がよめたら、これも最後まで読むべきです。飛さんはどの作品をよんでも思うことなんですが、感性が豊かだなと感じます。いろいろな作品をよみくだいてきたのではないでしょうか。いくらSFといえ、あれだけ混沌としている物語もなかなか見つけるのが難しいような気がします。読みづらいのも同様です。※残忍な表現、性的な表現がたくさん含まれているので、苦手な人は注意です。


感想ネタバレ
[飛浩隆 ラギット・ガール―廃園の天使Ⅱ]の続きを読む
スポンサーサイト
グラン・ヴァカンス―廃園の天使〈1〉 (ハヤカワ文庫JA)グラン・ヴァカンス―廃園の天使〈1〉 (ハヤカワ文庫JA)
(2006/09)
飛 浩隆

商品詳細を見る



前書き
表紙を見ている。

青い空に白い雲。
さざなみもたたない綺麗な海面が一面に広がっている。
サラサラの白銀の砂が堆積し、ビーチができている。

そして、ビーチに足を突っ込んだ自転車がひとつ。
黒の装束のひとがひとり。
ここからでは性別をうかがい知ることはできない。
その姿は周りの美しい景色とは対照的に、暗い雰囲気を漂わせている。
黒い影は心持ち濃い気がする。

今、ビーチがとても美しく輝かしいということは、
ビーチに隠された陰険な偏執的な闇を象徴しているように私には感じる。

美しさとはなんだろうか。
醜さというものを踏み台にして、より輝くのものではないか。
醜さはないがしろにされ、黒さというイメージを定着されてしまう。
今、黒い影が思い描いていることを私は想う。

黒いそれが背負った重苦しい雰囲気で、きれいな浜と青い海はより一層、光かがやく。

ジャンル・タグ 
SF・南欧風の仮想リゾート・重量感(大)・JoJoなマトリックス・「役割」という残酷さ・「キャラ設定」という残虐性・AIと書いて「奴隷」・饒舌な恥辱さ・意味不明な形容詞

評価  
最高  

『廃園の天使』シリーズ第1作。IT、PC、ネット、バーチャル世界などの情報技術の概念、言葉が浸透したからこそ、理解できる一冊。私達はそれらを日常で自由に利用する立場ですが(もちろんこのブログを利用していることも)、利用される側(PCのパーツ、データ)からみたら例えば、本書のような立場でみれるのかもしれない。残酷で性的で不可解で自由度に幅を利かせた物語であり、読みやすくはないけれど、物語に夢中になりました。※残忍な表現、性的な表現がたくさん含まれているので、苦手な人は注意です。

感想ネタバレ↓
[飛浩隆 グラン・ヴァカンス―廃園の天使Ⅰ]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。