小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野生の風 WILD WIND (集英社文庫)野生の風 WILD WIND (集英社文庫)
(1998/06/19)
村山 由佳

商品詳細を見る


前書き
彼女の名前は飛鳥。

彼女は彼女の感性で、
仕事も、趣味も、恋愛も自分の納得行く形で今まで暮らしてきた。
縛られない彼女は飛ぶ鳥の名のためなのか、
世界中を旅をするのが好きである。

渡り鳥のように土地から土地へ羽ばたき飛んでいく。
世界のあらゆる場面に遭遇した。
異国文化、価値観、情勢、貧困。
ベルリンの壁崩壊もこの目で見た。

彼女が彼に出会ったのはこのときだ。
偶然だった。
一目ぼれかもしれない。
今、「その時、彼に出会ってなかったら...」を想像する。
今頃、彼女自身はどんな彼女に遭遇しているだろうか。
野生の風を受けた後になっては今はもうわからないことだった。

風を受けようと、受けまいと、
ただ常に分かり知っていることは、
やっぱり彼女は猫アレルギーであることぐらいだった。


ジャンル・タグ 
国際派ヒューマンな恋愛小説・バブル期・重量感(中)・アフリカの風に抱かれること・何を大事にしていくか・一目惚れ、そして...

評価  
良書

本の雰囲気は、インテリでおしゃれだが、独りよがり。個人的には会話文が若干、時代を感じます。読む時期は気温が高くなる途上、5~7月の季節がおすすめです。アフリカ、南米、東南アジア、南欧等。旅行して帰ってきたときなどに読んだりすると感じるものがあるのではないでしょうか。※官能的な表現が含まれています。

感想ネタバレ↓
[村山由佳 野生の風]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。