小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第三の時効 (集英社文庫)第三の時効 (集英社文庫)
(2006/03/17)
横山 秀夫

商品詳細を見る



前書き
人を殺すということは、その人の人生だけではなく、家族、周りの人達の人生も変えてしまう。
それは当事者に限らない。
警察官、裁判官、検察官、弁護士。。。

このストーリーは警察官の立場から客観的に殺人という犯罪の事実を見つめている。

他人の人生を自分勝手に変える権利は他人にはないのだ。
しかし、現実はその主張を不合理な事実としてくつがえしてくる。


ジャンル・タグ 
推理ミステリ・重量感(中)・バブル期・冷静で明晰な朽木・沈黙冷徹の楠見・直感力の村瀬・慎重派の田畑・人情深い伴内・道化師の矢代

評価  
最高  

男気とプライドの塊。いかにも高度成長期の男社会の話って感じです。文章は堅め。口調は無感情なしゃべり、江戸っ子口調、かたぎ気質。ミステリとしては練られていて劇的でうまい。覆して、また文章が工作され、また覆す、ミステリの極み。ただ、感情が置き去りにされるのが欠点。人間には感情はないかのごとく、読み手の気持ちとは一つと距離を置かれているような冷静さ、無感情さが含まれています。犯人を捕まえることだけに熱情を注ぐ無味の人間達。きっとそのことにがっかりするかもしれません。私の場合、どこか蚊帳の外におかれた気分でした。この本のイメージは残暑って感じです。その時に読むのが頃合でしょう。連作短編。とはいえ、一つ一つがなかなか重いです。

感想ネタバレ↓
[横山秀夫 第三の時効 ]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。