小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2000/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312001/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
始祖鳥記 (小学館文庫)始祖鳥記 (小学館文庫)
(2002/11)
飯嶋 和一

商品詳細を見る


前書き
龍神、それは永遠。

龍神が夢を描く時、私達はその出演者となる。
龍神が目をさませば、一つの夢が終わり、己も跡形もなく消える。

己が生や現実と信じているものは、龍神というものが見ているうたかたの夢ではないのか。たとえ名前が伝説として残ったとしても、身近に感じていた者たちがすべて死に絶えれば、すべては永遠の中に消し去られる。私達が消えた後には静けさが残るだけ。その静けさの正体が龍神、あるいは、永遠と呼ばれるものではないのか。つまり龍神が目を覚ましているのだ。

いつだって夢中だった。
暮らしていくために生業はいつも誠意に向き合ってきた。だが、気付くと凧作りなどという馬鹿げたことに打ち込んだ。それが何を意味するかも判らずに。そして世界を知った。時が経ち、型通りの暮らしへ同化していくとき、急速に何もかもが色褪せて見えた。

ふと気付くと、すぐ後ろに龍神がいた。

笑った。
馬鹿馬鹿しくて、笑った。
彼が目をさます前に、私にはやり残していたことがあった。
確かに、一つあった。


ジャンル・タグ 
ヒューマンな歴史小説・江戸時代中期・重量感(大)・浮田幸吉・鳥人幸吉・法度が作り出す架空の大罪・孤軍の先導者・夢中という病気

評価  
最高  

バイブルとして積読書にしたい一冊。会話文より地の文がやや多いです。正直読みにくいです。ただ、それ以上に内容がいいので。個人的には読むなら夏。

感想ネタバレ↓
[飯嶋和一 始祖鳥記]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。