小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
博士の愛した数式 (新潮文庫)博士の愛した数式 (新潮文庫)
(2005/11/26)
小川 洋子

商品詳細を見る


前書き
私が80分しか記憶が持続しないとしても、数字という存在は決して忘れない。
私が素晴らしい数字の美しさを教えてあげよう。


ジャンル・タグ 
ほのぼのヒューマンな恋愛小説・現代・重量感(小)・80分という大切な時間・数字の美学・博士を愛した「私」

評価  
良書

なかなか新しい本を読む時間とれなくて最近読んだ本ではないですがご紹介します。博士の数式と母と息子のルートの愛情が結びつき、そこから新たな人間のあり方が描かれた作品。ゆったりした時間が流れ、やさしい気持ちになれます。数字と同様に3人の愛が美しいです。この小説を読み直すことがあったら更新すると思います。

感想ネタバレ↓
[小川洋子 博士の愛した数式 ]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。