小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モモ (岩波少年文庫(127))モモ (岩波少年文庫(127))
(2005/06/16)
ミヒャエル・エンデ

商品詳細を見る


前書き
主人公のモモは至って普通の貧乏な女の子であるが、1つだけ特別な能力をもっている。
それは人の話を聞いてあげる力。

「なんだ、だれにでもできることではないかぁ」と思うが、モモのそれは話し手が話そうと思っていた以上に話を膨らませるのだ。それは話し手を満足させ、モモの周りには自然とひとが集まってくる。


しかしある日を境にモモに話をする人がいなくなった。モモはそれが悲しい。みんなに理由を聞きにいくと皆口々に言う。

「忙しい」

遠くに灰色をした人の影がある。その人の影はそんな忙しそうな彼らを見て、うれしそうな顔をする。
むむ。なにか仕組まれている。


現代の忙しさに生きる人たちに捧ぐ物語。


ジャンル・タグ
ファンタジー・近代のEU・重量感(中)・時間の貯金・灰色の存在・忙しい人に捧ぐ・ドイツ文学

人生と時間についての児童書。児童書ですが、こどもより大人向けな感じがします。働いている大人だからそこ再認識できる問題。今の社会への問題提起が約40年前に予見されていたことにびっくりです。この時代も人は皆はせわしなくて生きていたのかもしれないですね。


評価
 
普通

感想ネタバレ↓
[ミヒャエル・エンデ モモ]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。