小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2000/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312001/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイの物語 (角川文庫)アイの物語 (角川文庫)
(2009/03/25)
山本 弘

商品詳細を見る


前書き
地球の人口は、2041年をピークに減少傾向にある。

なぜなら、ヒトが作り上げた人工知能のマシンが、ブレイクスルーを果たし、人間に対して牙を剥いたためだ。いまでは、山奥にコロニーに築き、アンドロイドの脅威に堪え忍ぶ毎日である。
アンドロイドには所詮、心はなく、自分たちのコピーを増殖させることと、自分たちのとって邪魔な存在である人類文明を破壊し全滅させることしか考えていない


...とそう思ってきた。
彼女に会うまでは。


その外見はヒトそのもので、少女のようなあどけない顔に、挑戦的な笑みを浮かべ、すずやかな美声であのアンドロイドが僕のあだ名を呼ぶまでは。。。


ジャンル・タグ 
SF・アンドロイドとヒトの歴史・重量感(大)・複素数iで表す感情・『AIは人間を傷つけてはならない』・リアルより価値のあるフィクション


評価  
素敵 

連作短編集です。最後の物語『アイの物語』を語るために、『宇宙をぼくの手の上に』『ときめきの仮想空間』『ミラーガール』『ブラックホール・ダイバー』『正義が正義である世界』『詩音が来た日』すべての物語が繋がってきます。『アイの物語』のキャラクターがすべての物語の進行役を務めます。正義感を50%増量したこの小説はSF・ファンタジー好きはもちろん、若い世代の方が受け入れやすいかもしれません。ミステリやサスペンスを読んでいる人には普段とは違う小説の感覚に新しい風を感じるでしょう。数学やPCのプログラムの用語や概念をちょくちょく話の中に出てくるのでその知識があるとより楽しめるでしょう。

感想ネタバレ↓
[山本弘 アイの物語]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。