小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読んでいた方、ご無沙汰しております。リリです。仕事でなかなか記事もかけず、小説もろくに読む機会もなく、悲しく思う毎日です。数か月休止状態にしていた間、なんとか何冊か読みましたので、近日にUPできればいいなと思います。

ではまた。
スポンサーサイト

波 2011年 07月号 [雑誌]波 2011年 07月号 [雑誌]
(2011/06/28)
不明

商品詳細を見る



ダ・ヴィンチ 2012年 09月号 [雑誌]ダ・ヴィンチ 2012年 09月号 [雑誌]
(2012/08/06)
不明

商品詳細を見る


小野不由美さんの「十二国記」シリーズを待ち続けて、3、4年。
私が初めて「月の影 影の海」を読んだ頃には、ライトノベル版や文庫版がすでにたくさん出回っていました。「華胥の幽夢」がシリーズの中で出版された本の最も新しい作品でした。新参者の私でも、「華胥の幽夢」を読み終わり、

さらに、

さらに新潮社の雑誌yomyomで外伝の短編「丕緒の鳥」、「落照の獄」を読み終えると、そこからまた新作は出ないまま、1,2年と新作を待つ日々でした。

が、ついに、シリーズが完結するという情報にわくわくドキドキする思いでいっぱいです。同時に、完結してシリーズが終わってしまうのかという寂しさがあふれてきます。文庫化未収録短編は別として「華胥の幽夢」2001年に初版が出たわけですから、長い人だと大体11年ぐらい待っていたということになりますよ。私なら餓死していることでしょう。

さて、本題の新作は、一つの長編と、一つの短編を新たに物語として加えて完結するのだそうです。あとがき(なんの本のあとがきなのかわすれましたが)に、2本の作品を書き上げて完結するというのは前々から言われていました。二本とも長編だとうれしいなとわがままを言いたくなります。

そしてさらに、新作を出すにあたり、シリーズ本を出版してきた講談社ではなく、十二国記のさきがけとなった「魔性の子」を出した新潮社がすべての作品、すべて一新して(装丁、挿絵、文章の調整、等)出版するそうです。それはもう、すべて買うしかないじゃないですか!

新作刊行開始記念として、新潮社から読書情報誌「波」に特集が組まれています。なんと、小野主上のインタビューが書いてあるのです。そして山田さんのイラストも少しだけ描かれています。昨日届いたのでさっそくペラペラとめくってみました。大体5ページ程で内容は少ないですが、安いので作品を見る前にファンしてはチェックしておきたいところです。


追記 ダ・ヴィンチに大きく小野不由美特集がなされていて、とてもおすすめです。ファンとしてはこれはうれしいです。ポスターカードも入っていてサプライズです。12国記ほか、ホラー特集もされています。また、他の著者さんが小野不由美さんの作品に言及していて興味深いです。



魔性の子 十二国記 (新潮文庫)魔性の子 十二国記 (新潮文庫)
(2012/06/27)
小野 不由美

商品詳細を見る

月の影 影の海(上) 十二国記 (新潮文庫)月の影 影の海(上) 十二国記 (新潮文庫)
(2012/06/27)
小野 不由美

商品詳細を見る



いやー、楽しみです。あの事件のその後がやっと描かれるわけですね。
新しい本を読んでブログにアップしようと思うのですが、なかなか小説を読んでる暇がないぐらい仕事の過渡期にきてます。ブログに来てくださる方には大変申し訳ないですが気長に待ってやってください。ブログはやり続けます。個人的には広く深くいろんな作家さんを読みたいし、それを、面白い作家さんを、このブログを見てくださる人に教えてあげられたらなぁとは思っています。厚かましいようですが。。



小野不由美さんの新作こないかなぁ。小野さんの12国記の新作だったら寝る間も惜しんで読むのに。
昔は、作家さんと作家さんの作風の違いを見つけるのが簡単にできたのに、今は個々の違いを見つけることができなくなっている気がします。バラバラ読みしているせいかもしれないですね。感覚が鈍化しているようです。作家読みをするといいのかも。

でも、バラバラ読みしてしまうでしょう。
ついに本にも新しい風がふきはじめているようですね。新潮社、講談社、学研ホールディングスの3社は、今後発刊する新刊をすべて電子化することを決めたそうです。400点以上が電子化だそうで。すごい大胆です。

電子書籍の価格はというと、紙の7-8割程度。紙の書籍の新刊より半年遅れで電子化だといいます。ただ、それも時間の問題で、そのうち紙と電子書籍同時発売もあるかもしれません。紙大好きっこな私としては、うれしいようで悲しくもある話です。ただ、出版業界が縮小している今はやもえないです。なくなるよりは、代替してくれた方がいいです。集英社や小学館も電子化の流れに追随するようです。



紙よ、永遠に。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。