小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫)燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫)
(1972/05)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る
燃えよ剣〈下〉 (新潮文庫)燃えよ剣〈下〉 (新潮文庫)
(1972/06)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


前書き
新選組副長土方歳三、新撰組の知将ぶりなどない。


むしろ、敵方の薩摩藩、長州藩といった尊王派に正当性、有能ぶりは伺える。

しかし、なぜだろう、近藤、歳三を含む新撰組に私達はなぜか夢をみる。銃、大砲などの高性能武器ではなく、おのれの強さのみそれだけを強さとする武士の象徴、刀。その刀どの組織よりも駆使、効率的に作った組織、新選組。

歳三、人生の中に常に戦いに身を置いた漢。

江戸の試衛館時代、浪士組、新選組の結成、池田屋事件、蛤御門の変、油小路事件、鳥羽伏見の戦い、甲州進撃、箱館戦争。


どんなときも、勝つための上策を考え、新選組を世に轟かせた。


これぞ、まさに天下無双の智将であり、鬼神のごとし。


ジャンル・タグ 
王道歴史小説・幕末・重量感(大)・新選組・土方歳三・人生

土方歳三を語ります。歴史物だけあって人物、地名を認識するのに忙しいです。
※官能的な表現が含まれています。



評価
  
素敵 

感想ネタバレ↓
[司馬遼太郎 燃えよ 剣 上下]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。