小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旅のラゴス (新潮文庫)旅のラゴス (新潮文庫)
(1994/03)
筒井 康隆

商品詳細を見る


前書き
人生にどれだけの旅を続けていくことができるだろう。

家族を残して旅立つのは心残りだったり、新たに出会った人と別れるのを惜しんだり。そんなことしていたら、旅など続けられてはいなかっただろう。俺が、私が、薄情な奴であることもあるが何よりも旅には目的があって、目的を達するための決心がある。

旅は孤独だ。その前に、私たち自身が孤独である。人生も旅と同じようにみることができる。ただ私たちは自身の人生をいちいち孤独な物だと認識しながら生活しているわけじゃない。旅もそれと同じに考えればいい。
別れを惜しむことができるのは、俺が、私が、今も旅をしているからであり、旅をしていなかったらこんな感情を抱くことさえできなかったはずだ。私には旅が生に合っているということなのだろう。

いまは私はとても幸福だ。こうして旅から始まり、旅に骨を埋めようとしている。
こんな幸福なことはない。


ジャンル・タグ 
古典的なファンタジー・中世風・重量感(小)・男尊女卑な一面・文明退化から来る超能力・ラゴスの伝記・「必要なことは地位じゃない、知恵」・「逆転満塁ホームラン」なストーリー

評価
前半の章(集団転移・解放された男・顔・壁抜け芸人・たまご道・銀鉱)
普通


後半の章(着地点・王国への道・赤い蝶・顎・奴隷商人・氷の女王)

最高  

私がよく参考にさせてもらっているブログがあるんですが、nanaco☆さんが管理人の++ 薫風日記 ++ で紹介されていたので興味がそそられて読んでみました。この小説自体は200ページほどですぐに読み終えられると思います。申し訳ないですが、上記の評価が二つにしてあるのはストーリーが前半と後半で面白さの度合いが違ったのでやもえず、評価を二つにしました。決して2編構成の物語ではありません。なんというか、著者さんの前半で書く男女のあり方、価値観、男女の色恋の見方が保守的というか、偏った見方に感じました。その客観性に欠いた部分が好きではなく、前半は正直面白くなかったです。ただ、後半は個人的には、スラップから脱した投手のように文章に味が出てきて内容も納得いくものでした。個人的見解ですが、後半の社会科学の概念を年頭に置いたストーリーが著者さんが書きたかった得意分野の内容なのでしょう。そこに、切なさを加えたので、いいスパイスになりました。

感想ネタバレ↓
[筒井康隆 旅のラゴス ]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。