小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一瞬の風になれ 第一部 -イチニツイテ- (講談社文庫)一瞬の風になれ 第一部 -イチニツイテ- (講談社文庫)
(2009/07/15)
佐藤 多佳子

商品詳細を見る


前書き
スタメンは決まった。

1走が俺、2走が連、3走が根岸、4走が守屋さんだ。
1走と3走がコーナーで、2走と4走が直線。

リレー種目には2種類ある。100mを四人で走る400mリレーつまり4継(ヨンケイ)と、400mを四人で走る
1600mリレーつまりマイルがある。

俺らが勝負するのは4継。走って行ってそのまま右手をのばす。相手にバドンを押し込む。引っ張られた感覚で手を離す。バドンが次走者と共に消えていく。この瞬間が好きだ。すげえ気持ちいい。最高。思いっきり走るのって気持ちいいんだ。後の3人に引き継がれていくスピード。

だけど、これはチームプレーだ。自分だけタイムがよくても、チームってのはそんな簡単なもんじゃないと思ってる。それは分かってるけど、遠慮なんかはしたくない。与えられたチャンスはしっかりつかんでいく。それも、また、チームってもんだから。だから誰よりも速く。連より速く。

早く、速く、もっと速く。 「速くなる」



ジャンル・タグ 
照れくさくなるくらい熱い青春スポーツ小説・現在風・重量感(小)・「リレーか。やりてえ。」・プレッシャーに弱いが人一倍な根性あるタフな奴・自由気ままめんどくさがり屋な天才児・お節介やきの闘志みなぎる色黒男・沈着冷静ハードボイルドなリーダー

評価  
最高  


佐藤多佳子さんの本はずっと気になっていました。特にこの作品はすごく読みたくて読みたくてうずうずしていました。確実に「情熱」を絵に描いたようなストーリーであることは小説のうたい文句や装丁やタイトルで察することができたから、べつの作品で佐藤さんの作風を知ることにしました。たまにはこういう、どストレート直球なストーリーを読んで鳥肌が立つぐらい自分を鼓舞してみたくなるのですね。巧妙なトリックや優れた伏線やアイデアとかはないけれどテーマは一貫しています。文章は軽い感じで海外ドラマのようなくさい言葉とノリであるし、またなんとなく無骨だけど、飾り気のない思いのたけぶつけた文章に胸熱な思いにさせられます。春夏向け小説。
熱いストーリー最高。次巻へ続く


感想ネタバレ↓(未完成)
[佐藤多佳子 一瞬の風になれ 第一部 -イチニツイテ-]の続きを読む
スポンサーサイト
サマータイム (新潮文庫)サマータイム (新潮文庫)
(2003/08)
佐藤 多佳子

商品詳細を見る



前書き
俺が右手、左手が彼女。曲はサマータイム。ガーシュウィンのオペラ曲。彼女の下手な伴奏でも、俺は満足だった。今、雪が降り積もった季節に、この手紙を見るとあの汗ばんだ夏の日を思い出す。

しっかりしろっ!、男の子のように乱暴に叫んでは、自転車をおれが乗れるまで、スカートが破れるまで手伝ってくれた彼女の声が古い手紙から蘇ってくる。

臆病風を吹かせた俺に素直に返してくれた彼女。
事故を契機に一度、足踏みしてしまったが、俺はバランスをとってまっすぐ自転車のペダルを踏むように、地に足を付けようとしている。俺の中に流れるメロディは灰色から、確固たる色を付けて流れていく。

とにかく、やってみる。
俺なりのベストをつくして、がんばってみよう。
俺の耳の中には、サマータイムのメロディーが鳴り続ける。



ジャンル・タグ 
青春ヒューマン小説(青春恋愛小説)・現代・重量感(小)・ジョージ=ガーシュウィン・ジョージ=シアリング・決心のためのプレリュード・片手弾きのサマータイム・恐怖心の克服・四季のピアニストたち

評価  
素敵 

シンプルでストレートな感情表現が妙に心地良くて、静かに底から熱さを感じる文章。そのうち読みたいと思っている「一瞬の風になれ」のプレリュードとして佐藤多佳子さんのデビュー作を読んでみました。薄くて読みやすいです。森絵都さんの書く物語のスタイルとかなり近い印象がありました。しかも、この小説の文庫の解説は森絵都さん。まさにうってつけの解説者。「サマータイム」この小説の季節は春から冬まで展開されていくので、別に夏におすすめというわけではないですね。青春50%、ヒューマン25%、恋愛25%のさらさらした切なさと静かな情熱感がたまらない作品でした。佐藤さんの読んでいない作品もとても期待できそうです。

感想ネタバレ↓
[佐藤多佳子 サマータイム]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。