小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2000/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312001/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
銀漢の賦 (文春文庫)銀漢の賦 (文春文庫)
(2010/02/10)
葉室 麟

商品詳細を見る


前書き
私たちは空を見上げた。
「星がきれいだ」そこには満点の星空が3人をむかえた。
「あれが天の川だ」指し示した先には無数の星群が広がっていた。
「知っているか、天の川を銀漢というのを」
「銀は金銀の銀、漢は羅漢の漢。天の川は漢詩では天漢、銀漢などの言葉で表される。この場合の漢は、男という意味ではなく、漢江、すなわち大河のことだ」
銀漢、そう口の中でつぶやいた。

あの頃、3人とも親しい友だった。それは、いつも変わらないものだと思っていたのかもしれない。身分は違えど、目指すところは同じだった。正義感だけは一人前だったのである。銀漢、今はただ銀色の髪をもった歳をとった男になってしまった。

暮雲収め尽くして清寒溢れ
銀漢声無く玉盤を転ず
此の生、此の夜、長くは好からず
明月、明年、何れの処にて観ん


今また、同じ満点の星空を見上げている。夜空の銀漢と同様に、年を重ねたあ奴は、昔と変わらず、自分に素直な生き方をしていた。どんな時勢が変わってしまっても、変わらないものはあるのだなとしみじみ思う。今一度、あ奴とともに行動をしよう。人は一人で生きているのではない、誰かとともに生きているのだ。

銀漢、そう口の中でつぶやいた。




ジャンル・タグ 
友情のヒューマン歴史小説・江戸時代中期・重量感(小)・逆命利君・身分の違いを超えた友情・漢詩とともに・変わることと変わらないこと

評価   
素敵 

時代小説はひさしぶりでした。小説で同じ種類の本を読むのは熱中、のめり込み方が心地いいですが、緩急つけて読んでいくとマンネリがなくていいですね。葉室麟という著者さんは、初めて知りました。最近売れ始めた著者さんですかね?名前がかっこいい。時代物の中では、今後葉室さんはヒットしそうな予感がありますね。この小説は王道な正攻法で、厚くない本ですが内容の濃いた本でした。とても安定した小説を描きあげています。壮年の年をとった友がひさしぶり再会し、互いに協力し合い、同じ目的に向かって邁進する物語。季節は夏から秋。秋ごろに読むと哀愁漂う感じでいいですね。心がスーときれいに流れていくようです。たまには、時代小説を読む方は原点に戻ってみては。

感想ネタバレ
[葉室麟 銀漢の賦]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。