小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天体議会(プラネット・ブルー) (河出文庫―BUNGEI Collection)天体議会(プラネット・ブルー) (河出文庫―BUNGEI Collection)
(1994/08)
長野 まゆみ

商品詳細を見る



前書き
<白鳥>が<天河>を翔ける九月も。
<少年>の持つ<水瓶>から零れる水を、<南の魚の口>が捕らえる十月も。
夜空には一等星が乏しい<三角座>の三等星が煌く十一月も。
<天馬>の二等星が天頂に煌いている双子座流星群の降る十二月も。
<仔犬>の一等星と天狼星を結んで南下した水平線すれすれにある<水先案内>を眺める一月も。

天体議会は開かれる。
「本日、議会招集。集合時刻は午后五時。場所はいつものとおり、時間厳守のこと。議長。印」

少年たちは夜空に夢を描く。
固体燃料をロケットに詰め、導火線へ。高く飛び立たせるために。
まだ見えぬ闇を、白煙を噴くアルミ二ウム青銅のロケットが突き進んでいく。夢を乗せて。
突如、打ち上げ花火のような鋭い音がする。発光は月夜の水辺のように碧く煌き、闇にしみ込んで消えた。

「どこへ行こう。」
「いつもどおりさ。」
「ぢゃあ、きまりだ。」
少年たちは並んで歩きだした。



ジャンル・タグ 
詩的なローファンタジー・未来風・重量感(小)・宝石のように風景描写の美しい物語・少年たちの友情と愛情と嫉妬・趣味は天体観測と鉱石集め

評価  
素敵 

情趣的でしっとりした世界観が魅力的な小説です。盛り上がりは少なめでしたが、世界観がとても美しいことでこの小説は愛されると思います。情景描写や風景描写がとても多く、風景描写の表現に凝っています。つまり物語ではなく、雰囲気、世界観ありきということも意味しています。その中でもストーリーで少年たちの純な心の葛藤が垣間見えます。SFな要素は薄く盛り込まれていますが、むしろ、この小説にはノスタルジックな思いにさせられます。ドラマチックな小説を読んだ後に読みたい小説です。劇的な物語に疲れたらこの「天体議会」をどうぞ。天体や鉱石が好きな人にもおすすめ。癒されます。


感想ネタバレ
[長野まゆみ 天体議会(プラネット・ブルー)]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。