小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
哄う合戦屋 (双葉文庫)哄う合戦屋 (双葉文庫)
(2011/04/13)
北沢 秋

商品詳細を見る



前書き
そもそもいくさだてとは、いかに味方の犠牲を少なくして、楽に敵に勝つかを追求して決めるものでなければならぬ。

各々が武勇とおのれの強さのみにまかせて戦えばいいものであらぬ。明日のいくさだてには今日考えるでは遅いのだ。何日も前から戦略を立てて、もっとも不利ではない条件でいくさだての当日に備えるのである。いままでのような各人の勝手気ままないくさでは、到底勝つことなど覚束ぬぞ。そのことを皆、肝に命じることだ。


ジャンル・タグ 
英雄戦記ものの歴史小説・近世風・重量感(中)・孤影の軍師・田舎の豪族が一国の大名・武骨な性格と豊かな感受性

評価 
素敵 

このところ、歴史小説といえば、葉室麟さんや飯嶋和一さんの人情ものの小説が多く、ばりばりの戦記物の歴史物語に飢えていました。人情ものも好きですがやっぱり、私はとっては時代小説はなんといっても戦記物が胸あつなのです。時代小説を最初に見出したのも浅田次郎さんの「壬生義士伝」が最初です。一人の武勇な(知勇な)天才が一つの一時代を動かすような物語がものすごく好きですね。なので、探して見つけました。「哄(わら)う合戦屋」。いかにも戦記物。

端的に言うとこの話は天才軍師が田舎豪族を一国の大名に伸し上げていく成長物語です。

今の私の気分にぴったりのストーリーだと思いました。読み終わった結果、なるほど、「北沢さんは策士だな」と思いました。展開が一段落する前に次の展開、次の展開と。王道な起承転結。物語の展開の起伏が随所に盛り込まれていてなかなかよかったです。ワクワクと熱中してあっという間に読める小説でした。心理描写が軽く登場人物の性格が短絡的な面があり、リアリティが薄いのが少し残念でしたが。そして、タッチが軽快なので、時代小説が疎い人にもとても入っていきやすい歴史小説です。コア向けというより万人向け。まだ、戦記物を読みたい私は今度の時代小説は和田竜さんでいきたいと思います。


感想ネタバレ↓
[北沢秋 哄う合戦屋]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。