小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ななつのこ (創元推理文庫)ななつのこ (創元推理文庫)
(1999/08)
加納 朋子

商品詳細を見る




拝啓、あなた様

いったいいつからミステリの魅力に取りつかれしまったのでしょうか。いつから、ファンタジーを離れて、推理によって謎を解き明かす小説に取りつかれ、サスペンスなハラハラドキドキのミステリ小説に取りつかれ、色々なミステリの魅了に取りつかれてしまうようになってしまったのでしょうか。
いつだって、どこだって手元にミステリがあったのです。

突然の何の手紙と思われたことでしょうね。
本日、<ななつのこ>を読ませていただきました。私にはうまく表現できませんが、読み終えてからの私の気持ちをいくらかでもお伝えできたらと思い、こうしてペンをとっています。

月並みで恐縮ですが、とても良かったと思います。本を手に取った瞬間から感じ、不思議に思っていたのですが、この作品に私は終始、奇妙な懐かしさを覚えるのです。郷愁、とでもいったらいいでしょうか。

というのもこの作品には、たくさん私のことが書かれているのです。

大げさかもしれませんが、私、いや私たちの身の回りには様々なミステリが巻き起こっているにもかかわらず、私たちはそれを無視し続けてきたのです。なぜなら、必ずしも私たちが解き明かす必要はなく、ましてや必ずしも何か私たちの得になるものではないからです。しかしながら貴女の著書「ななこのこ」を、改めて自分のミステリを見出してみようと思いました。

そして、私はどうしても共感と感謝の気持ちを伝えたくて、衝動的ではありますがこの手紙を送らせていただきました。


ジャンル・タグ 
ほのぼの日常ミステリ&1/3スケール恋愛小説・重量感(中)・作家とファンの手紙のやり取り・本「ななつのこ」についての謎解き

評価  
素敵 

加納朋子さんの初読です。ミステリでありながら、殺人や主人公の逃走劇など、殺伐とした雰囲気とは全く対照的で、心をほっとさせるような日常生活におけるミステリです。加納さんの文章は最初の章から始まり、結末を読み終えるまで優しさに包まれ、とても心が洗われました。刺激や興奮を演出する小説たちの中で、愛情や信頼を主体にさせた文章をみていると、癒しの場所として、寛げる小説として帰ってくる場所がまだまだ残されているなあと安心感でいっぱいになります。そう、加納さんの物語は、故郷のようなものなのです。さあ、あなたも故郷の地に戻ってみてはどうでしょう。注意としては、古い作品なので時代錯誤を確実に感じます。連作短編です。

感想ネタバレ↓
[加納朋子 ななつのこ]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。