小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ツ、イ、ラ、クツ、イ、ラ、ク
(2003/10/23)
姫野 カオルコ

商品詳細を見る


前書き
子どもの頃に考えていることは大人になったときに考えることと本質的にはさして変わりがない場合が多々ある。

が、大人になると、自分が子どもの頃を忘れ、まだ「子ども」だからという思考が浮かぶ。

子どもだから、そういうことを考えないわけがない。
子どもだから、まだそういうことをしていないわけがない。
あなたもそうであったように。

人にとって、自分が待っている真実だけが真実なのである。
子ども騙しは 「子どもを騙す」ではなく、「子どもが騙し」ていたのだ。



「気持ちいい。唇と唇が重なり合うことがこんなに気持ちいいことなんて」



ジャンル・タグ 
コミカルで官能的で切ない恋愛小説・重量感(中)・カリカチュア・「○○と○○はデキている」・学生時代の陰険さと明朗さ・カリカチュア・過去の青春の懐かしさ・ヘンリーミラー「北回帰線」・生徒と先生

評価  
最高  

「昭和の犬」を読んで、姫野さんの作品を何作か読みたくなりました。「昭和の犬」は個人的に面白い小説ではありませんでしたが、とても「流暢な」、「慣れている」文章だったのでストーリーがはまれば、傑作があるのではないかと思って読みました。個人的には面白かったです。とても卑猥で、ですがとても本音で、実寸大より少しのテンション高めの大量の登場人物たちは、どんな子も流暢でした。活劇的であり、かと思えば、どんどん浸っていくとても切ない恋愛小説でした。多彩な心理描写とキャラクター設定、博学多才を垣間見せる舞台背景。舞台は新選組や歴史的人物や数学を使った大量のメタファーたちは印象的でした。滋賀弁?がデフォルト。時代錯誤は、微かに感じるかも知れないです。個人的には気になりませんでした。性的表現が多いので、苦手な方はご注意ください。


感想ネタバレ↓
[姫野カオルコ ツ、イ、ラ、ク]の続きを読む
スポンサーサイト

昭和の犬昭和の犬
(2013/09/12)
姫野 カオルコ

商品詳細を見る


前書き
「やっぱり犬を飼っていてよかった」

彼らはとても愛らしく、いつも私の生活の中にいた。

幼稚園児のときも
小学生のときも
中学生のときも
高校生のときも
大学生の時も
社会人になっても

小型犬
中型犬
大型犬

色んな彼らに出会って本当によかった。

ただ会えるだけでうれしい。ただそれだけ。


ジャンル・タグ 
ヒューマン小説・現代風・重量感(中)・昭和の生活・昭和の文化・犬猫との暮らし・一生のうちに出会った犬たち


評価  
良書

犬猫好きと滋賀県出身の方には
素敵 


第150回直木賞受賞作品。戦後の昭和の日本、またテレビもなかった幼少期から始まり、2008年までの壮年期までの柏木イクの半生を描いた作品。舞台は滋賀県です。姫野さんの出身だそうです。昭和の時代の生々しさと、その合間で色々な種類の犬がたくさん登場します。自分の犬、隣の家の犬、散歩途中で会う犬どれも、特徴的で犬を飼う前に読んでおきたい一冊ですね。滋賀弁が満載で滋賀県の方には必見です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。