小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
対岸の彼女 (文春文庫)対岸の彼女 (文春文庫)
(2012/09/20)
角田 光代

商品詳細を見る


前書き
彼女といっしょだったら、なんだってできると思う。
「どこか遠くに行きたい」、その気持ちだけで、あたしたちは、どんな場所にだって行くことができるはず。その先に待ってる未来とはどんな素晴らしい世界だろうか。思い描いて見る。あたしの空白が埋まっていく。傍らでハミングする彼女は今何も思っているのだろうか。二人でなんとかしてみる。絶対なんとかしてみせる。日に焼けた2つの顔が、車内の窓ガラスに反射して、本当の双子あるいは、姉妹のように見えて、なんだか笑顔が出た。



私はぼんやりと考える。なんのため、歳を重ねたのか。
繰り返し繰り返し自分の中で問いかけてきた。子どものこと、旦那のこと、姑のこと、言葉にしなければいけないことがあっても、うまく口に出すことができず、じぶんが他の誰かだったらどうだっただろうなどと考えてしまう。だが、仕事を教わり、集中して作業をこなしていくと、頭の中が真っ白になっていく。頭の中に延々と続く問いが消え、ただぽかんとした空白が広がる。その空白がずっと身を置いておきたい心地にさせた。自分が考えていることは、そんなに難しいことではないと思えた。


ジャンル・タグ 
切ない青春少女友情小説かつ主婦ヒューマン小説・重量感(中)・選べない高校生のあたし・選ばない主婦の自分・「だれかと親しくなること」

評価  
最高  

第132回直木三十五賞受賞作。読み終わった後、いつまでも、物語の余韻に浸っていたい作品。色々な物語を読んできても、まだこんなにも感傷的になれる作品があるのだなとしみじみ感じていまいました。色々な物語を読めば読むほど、面白い、面白くない、という感覚が鈍くなっています。世間的に面白くないものもそれなりに楽しめてしまう現状。今の自分は小説をあまり読んだことがなかった自分より確実に面白さの取捨選択の能力は落ちてますが、これは私の感覚が鈍っても、するどく、面白さという香りを漂わせているため、すぐさま嗅ぎ分けることができる作品です。2人の女性の友情小説というべきでしょうか。ただ、友情に熱情的なものではなく、もの人恋しいような一種の恋愛感情に近くみえる友情。切なく、刹那的であり、ただ希望もある物語です。物語の一人称は二人いるため、青春少女友情小説であり、同時に、主婦目線小説ということができます。ただ、短編ではありません。物語全てリンクして最終的に1つに集約します。季節はいつでもおkですが、個人的には夏。時代錯誤あり。読む人の家庭での立場によっては説教されている感覚もある文章もあるかもしれませんが、純粋に物語を浸ってほしいですね。


感想ネタバレ↓
[角田光代 対岸の彼女]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。