小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
きみにしか聞こえない―CALLING YOU (角川スニーカー文庫)きみにしか聞こえない―CALLING YOU (角川スニーカー文庫)
(2001/05)
乙一

商品詳細を見る

前書き
「Calling You」
私には友達がいない。今どき携帯電話も持っていない。当然、携帯を使って話す相手もいない。しかし、携帯を持っていることをよく想像する。色は?どんなデザインに?ストラップは?妄想から出来上がった私の携帯電話。ある時、かかるはずのない「私の携帯」からコールがかかった。「...もしもし」

「傷 KIZ/KIDS」
人の傷をみると、とても痛々しい気分になるんだ。切り傷でも、すり傷でも。だから、僕が少しでもその痛みを取り除いてあげたい。僕が傷を受け取って傷を治してあげるんだ。その方が傷を負った人を見るよりずっと僕は気持ちが落ち着く。傷が治った時の喜んだ顔、ほっとした顔をみると、誰にも必要とされていない僕でも誰かの役に立つんだと誇りにできる。喜んでくれるのがとてもうれしい。いくら多くの傷を僕が背負って痛い思いをしても、誰かのためになるなら。

「華歌」
いまでも、私の心の中には、歌を歌う花、故郷に帰した時の目が輝かしたあなたの表情を忘れない。あなたの歌声は今までも、思い返せばよみがえる。やっぱり故郷に帰してあげられてよかった。やっぱりあなたは一番それを望んでいたんだね。病室の皆、あなたに癒しをもらってた。当然、私も。我が子のように愛しいかった。それにしても、この世に生まれるということは、なんと辛く、そして光に満ちているのだろう。また、口ずさむよ、鼻歌を。

ジャンル・タグ 
ローファンタジー・現代・重量感(小)・頭の中の携帯電話・世界が赤色から空色に染まる頃・強い想いが産んだ華

評価   
良書

乙一さんの切ない短編集。この小説にはホラーは一切ないです。妄想チックな、幻想チックなローファンタジーです。ページの合間にイラストあります。薄いのですぐ読み終えられるでしょう。相変わらずネガティブシンキングなストーリー達です。物思いにふけっていたい時に読みましょう。華歌なんかは夏の夜に自然香る場所で読むとムードが出るかも。心情描写が負満載なので、明るさを求めるのはこの本ではありません。


感想ネタバレ↓
[乙一 きみにしか聞こえない―CALLING YOU]の続きを読む
スポンサーサイト
平面いぬ。 (集英社文庫)平面いぬ。 (集英社文庫)
(2003/06)
乙一

商品詳細を見る


前書き
「石の目」
メデューサ、蛇の髪の毛をもった女性であり、見たものを石に変えてしまう。Sさんの住む町には昔から伝わる都市伝説みたいなものがある。目と目を合わせると見たものが石化してしまう石ノ目という妖怪のことである。Sさんは母親と早くから生き別れている。それは、石ノ目のせいではないか。真相を確かめるために石ノ目の住む山に登山に向かうのだが...

「はじめ」

飼育係である耕平は誤ってひよこを殺してしまった。先生にばれるのを恐れたが、ひよこを殺した犯人をはじめという架空の人物になすりつけた。目撃者である木園はそれに同調した。そこから三人は一緒に遊ぶようになる。奇妙な生活が始まった。

「BLUE」
アリーの骨董店に並ぶものは売れそうない奇妙なものばかりだ。偶々そこを通りかかった人形作家ハリーはそこで買った生地で人形を作ったが、その人形もまた奇妙だった。

「平面犬」
たまたま街で見かけた女の子の左腕にはマークのようなものが確認できた。よくみると犬のタトゥーのようだ。あれ、一瞬目を離したすきに犬の絵柄が変化したように見えた。いや、きっと気のせいだろう。


ジャンル・タグ
サスペンスでローファンタジー・現代(近代)・重量感(小)・切ない・石化・人形・ペット・友情

「石の目」「はじめ」「BLUE」「平面いぬ。」の4編からなる短編集。
本を売っているサイト等ではホラーandファンタジーというくくりになっているようですが、ほとんど怖さはないと思います。「石ノ目」だけですね。全般的にはサスペンスという領域に近いと思います。もちろん、ファンタジー要素もあります。怖さを求める場合は若干違います。短編で、状況設定も簡潔で、読みやすいです。


評価
  
良書

感想ネタバレ↓
[乙一 平面いぬ。]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。