小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黒い家 (角川ホラー文庫)黒い家 (角川ホラー文庫)
(1998/12)
貴志 祐介

商品詳細を見る


前書き
19世紀のイタリアの医学者、
チェザーレ・ロンブローゾは犯罪者の約3分の1が生来性犯罪者であると考えた。
生まれた時から潜在的に犯罪者になる可能性があるということ。

彼らは人類において「劣等人種」であり「人格障害者」であるということを示したのだ。
害悪である「劣等人種」は隔離あるいは追放するべき存在であり、彼らを排除した後には人類は今まで以上に進化し、犯罪のないユートピアが期待出来る。


何が問題か。

「狼の皮をかぶった羊」よりも「羊の皮をかぶった狼」の方がとても危険であるということ。


善意を装った偏屈的なものの考え方にこそ、偏屈に開いた隙間に「悪魔」の入り込む余地がある。そして偏屈的な善意あるいは無意識の差別が、決して生まれることのなかった新たな憎悪に満ちた「悪魔」を作り上げることとなるのだ。後者の「悪魔」より前者の「悪魔」の方が断然タチが悪いのだ。


常に「狼の皮をかぶった羊」を作り出してしまうのは、「羊の皮をかぶった狼」であることを忘れてはならない。


ジャンル・タグ 
ホラーサスペンス・現代風・重量感(中)・ストックホルム症候群・保険金自殺の目撃者・死臭漂う黒い家・指狩り族の男・黒い寡婦ブラックウイドウ・蜘蛛の夢


評価  
素敵 

貴志さんの名作の一つ。今読むと時代錯誤を感じる部分(携帯電話の普及・ワープロ等)がありますが、ホラーのスリルは全く色褪せません。見えない恐怖より恐怖の正体の行動に寒気がします。恐怖の正体は序盤あるいは中盤である程度推測でき、ホラーでも、サスペンスの要素が強いです。物語の展開のアクティブさを楽しみましょう。※残忍な表現が含まれています。苦手な人は注意。

感想ネタバレ↓
[貴志祐介 黒い家]の続きを読む
スポンサーサイト
天使の囀り (角川ホラー文庫)天使の囀り (角川ホラー文庫)
(2000/12)
貴志 祐介

商品詳細を見る


前書き
作家の高梨光宏は今ブラジル領のアマゾンの森に来ている。

アマゾンを取材し紀行文を書くためにアマゾンに来ている。

アマゾンの森は彼が言うには生の森と死の森の2重写しだという。生命に溢れたこの場所は生命を維持するために、また別の生命が犠牲のうえに成り立っている。その意味では、ここに参加しているアマゾン探索隊もその例外ではない。

今は捕食する立場だが、その逆にならないとは言い切れない。

そしてそれが目に見える形で起きるとも言い切れない。



ジャンル・タグ 
ホラーでありスリラー・現代・重量感(中)・アマゾン・猿・生物・恋愛ゲーム・恐怖症・ギリシャ神話

ホラーでもサスペンスでもあります。怖さを感じるかは個人差はあると思うのであしからず。グロ、性的表現が含まれています。

評価  
最高  

感想ネタバレ↓
[貴志祐介 天使の囀り]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。