小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2009/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312010/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西の魔女が死んだ (新潮文庫)西の魔女が死んだ (新潮文庫)
(2001/07)
梨木 香歩

商品詳細を見る


前書き
私の大好きなおばあちゃんは「魔女」のなのだ。

それは、単なる魔法や、空を飛べるというファンタジー世界のありきたりな「魔女」ではない。それはどんなひとにもその能力は眠っていて、「魔女」の力はどんな人にも発揮できることなのだ。

その大好き「魔女」が寿命を迎えて亡くなったのだ。生前、私はおばあちゃんから「魔女」になる心得を教わった。私にとって、「魔女」になる心得を守ることは、おばあちゃんとの大切な約束だった。私は守らなければならない。

 「西の魔女」、そう
      私のおばあちゃんは
          「私を迷い、不安から打ち解く」呪文をとなえてくれたのだ。


ジャンル・タグ 
ほのぼのヒューマン・現代・重量感(小)・切ない思い・初夏の思い出・岐路に立つ時

ファンタジーでもホラーでもありません。展開はドラマチックではなく、ほのぼの系の小説です。
ですので、劇的な展開を望むのは違います。面白さを切望する人の来る場所ではありません。ここは大切なことを得ようと切望する人が来る場所です。

あなたがこの物語を読んで評価が上がったら、その分、あなたは社会の色に染まり、色は汚れているでしょう。この物語を読んでつまらなければ、純真な心の持ち主で空想ばかりに目を向ける人かもしれません。

小中学生時代に読むことが適当な一冊。大人になって心を軽くしたいと思った時に読み返す一冊。読む季節は春から初夏がベスト。薄いのですぐ読み終えることができます。難しい本、長編の本に飽き飽きした後にどうぞ。


評価  
良書

感想ネタバレ↓
[梨木香歩 西の魔女が死んだ]の続きを読む
スポンサーサイト
バルタザールの遍歴 (文春文庫)バルタザールの遍歴 (文春文庫)
(2001/06)
佐藤 亜紀

商品詳細を見る


前書き
私、メルヒオールには双子のバルタザールという兄弟がいる。だが、私達の周りの人達はただ、私達兄弟をただ一人の人間としか見ない。

というのも、一人の人間の中に私達二人がいるのである。

それは二重人格というものとも違う。どちらも独立した存在。
私はこの兄弟バルタザールとともに歩んだ人生について、この手記から話すことにしよう。


ジャンル・タグ 
ローファンタジーな歴史小説・1930年代のEU・重量感(中)・セレブの放蕩生活・酒と恋愛の武勇伝・双子とごろつき

お話はナチス台頭前後のウィーン、パリが舞台。
物語の特徴は物語の主人公が思い出を振り返り、手記にそれを綴っていくスタイルです。アダルトでクラシックな小説。※官能的な表現が含まれています。


評価  
良書

感想ネタバレ↓
[佐藤亜紀 バルタザールの遍歴]の続きを読む
重力ピエロ (新潮文庫)重力ピエロ (新潮文庫)
(2006/06)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


前書き
兄は泉水、二つの下の弟は春、優しい父、美しい母。

家族には、過去に辛い出来事があった。その記憶を抱えてそれぞれの思いを胸に兄弟が大人になった。

そんなとき、事件は起きる。

連続放火と、壁に記されてた謎の落書き。
その記された文字に意味とは?

ジャンル・タグ 
推理ミステリ・現代・重量感(中)・放火犯・落書き・遺伝子・歴史の偉人

男女というような性に違いのみられる生物である限り、性の条理から逃れられないかもしれないですね。そこには、情欲、感情、倫理などのいつになってもなくならない事象があります。

本書は「考える、考えさせる」小説です。良い本です。
常に考える事柄ではなくて、頭の片隅にいれておくべき事柄です。他人を推し測るということはとても難しいなと感じます。※性的な表現が含まれています。

テーマとしては良書ですが、しかし、物語としては個人的にはあまり好きにはなれません。


評価 
良書


感想ネタバレ↓
[伊坂幸太郎 重力ピエロ]の続きを読む
関連記事
象られた力 kaleidscape (ハヤカワ文庫 JA)象られた力 kaleidscape (ハヤカワ文庫 JA)
(2004/09/08)
飛 浩隆

商品詳細を見る


前書き
いつも読んでいる本にあきたら、言葉に贅を尽くした「初篇デュオと残りの3篇のSF短編集」を読むといい。いつもの小説とは視点が違う世界に出会うかもしれない。

ジャンル・タグ 

「デュオ」
サスペンス・現代・重量感(中)・ピア二スト・いざなう二重奏・死臭

「呪界のほとり」
SF・惑星・重量感(小)・語り合い・博識な老人・お茶目な竜

「夜と泥の」
SF・惑星・重量感(大)・有機な機械・99%の精密さ・1%の思い

「象られた力」
SF・惑星・重量感(大)・図形の意味・魅力的な文化・発動条件

一気読みはオススメできません。一気に読むと、気疲れするかもしれませんので。特にSF3タイトルは。1タイトルずつ間をとってこなすのが個人的にはベストでした。※官能的な表現が含まれています(象られた力)。

評価
  
デュオ     最高 ★★★★★
呪界のほとり 素敵 ★★★★
夜と泥の    普通 ★★
象られた力  良書 ★★★


感想ネタバレ↓
[飛浩隆 象られた力]の続きを読む
精霊の守り人 (新潮文庫)精霊の守り人 (新潮文庫)
(2007/03)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る


前書き
<第1章 新ヨゴ皇国>
この地ナヨロ半島には約百年に一度、大きな干ばつに見舞われる。

古い記録によれば百年に一度の大旱魃の年には、奇妙な事件が報告されている。
魔物があらわれて災いをもたらすという話がある。100年前にも事例がある。

星読博士は愕然とした。もしその年が今年ならば、皇子さまの身の上におこっていることは…


ジャンル・タグ 
ファンタジー・重量感(小)・中華モンゴルな皇国王朝・皇子・星読博士・言い伝え

守り人シリーズ第1作目。獣の奏者がとてもいい作品だったので、さっそく次の作品にも手をのばしてみました。感じた雰囲気からいうと、萩原規子さんの勾玉シリーズに色合いが近いです。一話完結です。

評価 
素敵 

感想ネタバレ↓
[上橋菜穂子 精霊の守り人 (「守り人」シリーズ①)]の続きを読む
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。