小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2010/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312010/04

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月は個人的な都合で、更新が少なくなるかもしれません。今のところ。
関連記事
スポンサーサイト
野生の風 WILD WIND (集英社文庫)野生の風 WILD WIND (集英社文庫)
(1998/06/19)
村山 由佳

商品詳細を見る


前書き
彼女の名前は飛鳥。

彼女は彼女の感性で、
仕事も、趣味も、恋愛も自分の納得行く形で今まで暮らしてきた。
縛られない彼女は飛ぶ鳥の名のためなのか、
世界中を旅をするのが好きである。

渡り鳥のように土地から土地へ羽ばたき飛んでいく。
世界のあらゆる場面に遭遇した。
異国文化、価値観、情勢、貧困。
ベルリンの壁崩壊もこの目で見た。

彼女が彼に出会ったのはこのときだ。
偶然だった。
一目ぼれかもしれない。
今、「その時、彼に出会ってなかったら...」を想像する。
今頃、彼女自身はどんな彼女に遭遇しているだろうか。
野生の風を受けた後になっては今はもうわからないことだった。

風を受けようと、受けまいと、
ただ常に分かり知っていることは、
やっぱり彼女は猫アレルギーであることぐらいだった。


ジャンル・タグ 
国際派ヒューマンな恋愛小説・バブル期・重量感(中)・アフリカの風に抱かれること・何を大事にしていくか・一目惚れ、そして...

評価  
良書

本の雰囲気は、インテリでおしゃれだが、独りよがり。個人的には会話文が若干、時代を感じます。読む時期は気温が高くなる途上、5~7月の季節がおすすめです。アフリカ、南米、東南アジア、南欧等。旅行して帰ってきたときなどに読んだりすると感じるものがあるのではないでしょうか。※官能的な表現が含まれています。

感想ネタバレ↓
[村山由佳 野生の風]の続きを読む
私は小説を選ぶときって、やっぱり誰が書いている小説なのかって、私は気になってします。
人によっては作家読みする方もいるんじゃないでしょうか。

ある程度、
今日は切ない恋愛小説を読みたいなとか、
今日は断然ミステリーだ、など、

その気になって、読んでみたら恋愛小説だけど切ないどころか、
恋愛コメディだった。

通常のミステリーだったらと思ったら、
ホラー要素の強いミステリー小説だった。

面白かったら結果オーライですが、なんか当てがはずれた気になってしまいます。
特にそういうことは、手をつけたことない初見の著者さんの小説を読んだ時によく起きるではないかと。

そこで、気になってるけど、期待はずれだったらヤダから手を出しにくかった人のために、著者さんの分類(ページ)も個人的に分けていこうと思います。需要はあまりなさそうですが、分類するのが好きなので。(´Д`;)

例1    

著者:乙一
ジャンル:①ホラー ②ファンタジー ③SF
似た傾向の著者:恒川光太郎、著者さん2、著者さん3
特徴:短編ホラーの魔術師。基本、人間の負の部分、暗い部分を描くのが凄く上手。文章はさっぱりしてて、すごく取っ付きやすい。また、シリアス、切ないストーリーが俄然素敵である。怖さは、さっぱり目のものから、グロくて、エグいものまで、色々ある。


↑色とかでジャンルを分けてみようと思ってます。また、あくまで、途中経過です、例えば、恒川さんではなく、他の著者さんに似ていると思ったら、随時変更していきます。
※ジャンルの数字(①,②等)は、「著者が書くジャンルの優先順位」
※似た傾向とは、著者の作風が似ている別の著者をリストアップしています。私の主観ですw


私は遅読で多読家でもないので、ある人からみたら偏見に見えるかもしれません。そのときは、意見してもらえるとうれしいです。ただ、こういう風に分類してくれる人がいったら私はうれしいなと思ったので、自分で書いてみます。読んだ本の印象からだけでも分けていきます。とはいっても、読んだ本の量がふえないと無理なんですがw

※著者さん本人がどういう作家と名乗っているのは基本考慮にいれないで、本を全部読んでの特徴、分類でいきます。本の読んだ数が増えれば必然とページも更新すると思います。計画中なのでまた、条件は変えるかも(´艸`)
いつなることやらw
関連記事
闇の守り人 (新潮文庫)闇の守り人 (新潮文庫)
(2007/06)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る


前書き
<第2章 カンバル王国>
ユサ山脈の「山の王」が眠る地。
山々がそびえ、山頂に雪が降り積もる寒々しい実りが少ないこの地には、

「山の王」から送り物、
ルイシャ<青光石>は、カンバルの宝である。

20年に一度あるルイシャ贈りの儀式は、
八部族からなるカンバル王国の王朝や民にとっての餓えを防ぎ、
家族を養っていくための大切なもの。

しかし、苦々しい陰謀、事件が渦巻いた先王の時代、先王の崩御から数十年、いまだ、儀式は起こる予兆さえ見せていない。<闇の守り人>を家来とすると聞く「山の王」からの儀式の合図はまったく起きる気配がない。

そんな時分、
 新ヨゴ皇国の地からカンバルの地へ通ずる洞窟へ足を踏み入れる女の姿が・・・
   

ジャンル・タグ 
ファンタジー・重量感(中)・中華モンゴルな部族王国・いたみの懐郷地・「王」と「王」の誓い・愛すべき人に送るレクイエム

評価  
最高  

守り人シリーズ第2作目。第1作に続いての抜群の安定感。王道のファンタジー世界へ私達をいざないます。物語は引き継ぎですが、一話完結だから「闇の守り人」からも読み解けます。ファンタジー好きなら必見です。冬の季節がオススメです。

感想ネタバレ↓
[上橋菜穂子 闇の守り人(「守り人」シリーズ②)]の続きを読む
関連記事
雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)
(2009/08/25)
恒川 光太郎

商品詳細を見る


前書き
今年も冬が終わり、春が来る前に雷がくる。

私はそれがきらいだ。
とにかく嫌いだ。

みんな、突然消えるのだ。
雷季がくると、消えてしまう。
私はそれがとても怖い。
みんなもそれが怖い。
だから、みんなは雷の時期はじっとしてる。
消えないようにじっとしてるのだ。

だから、東京という外にある町をうらやましく思う。
春夏秋冬しかないと聞く。
ああ、ダメダメ。
だめだ、こんな悪い事を思い浮かべたら、私がきえちゃう。
悪い事をすると消えてしまうのだ。

遠くで太鼓を叩くような音がした。
今年も雷の季節の到来を告げた。


ジャンル・タグ 
ホラータッチなローファンタジー・現代・重量感(小)・偽りが信頼を上回る時・風が憑く魅力・人間をかぶった悪魔・なぜか懐旧の情

評価   
素敵 

砕けていてとても読みやすいですね。雰囲気としては乙一さんの雰囲気を思い起こさせました。ボリュームも適切、文章のタッチは軽め。薄暗く幻想的な物語に引き込まれます。

感想ネタバレ↓
[恒川光太郎 雷の季節の終わりに]の続きを読む
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。