小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2010/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312010/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黒い家 (角川ホラー文庫)黒い家 (角川ホラー文庫)
(1998/12)
貴志 祐介

商品詳細を見る


前書き
19世紀のイタリアの医学者、
チェザーレ・ロンブローゾは犯罪者の約3分の1が生来性犯罪者であると考えた。
生まれた時から潜在的に犯罪者になる可能性があるということ。

彼らは人類において「劣等人種」であり「人格障害者」であるということを示したのだ。
害悪である「劣等人種」は隔離あるいは追放するべき存在であり、彼らを排除した後には人類は今まで以上に進化し、犯罪のないユートピアが期待出来る。


何が問題か。

「狼の皮をかぶった羊」よりも「羊の皮をかぶった狼」の方がとても危険であるということ。


善意を装った偏屈的なものの考え方にこそ、偏屈に開いた隙間に「悪魔」の入り込む余地がある。そして偏屈的な善意あるいは無意識の差別が、決して生まれることのなかった新たな憎悪に満ちた「悪魔」を作り上げることとなるのだ。後者の「悪魔」より前者の「悪魔」の方が断然タチが悪いのだ。


常に「狼の皮をかぶった羊」を作り出してしまうのは、「羊の皮をかぶった狼」であることを忘れてはならない。


ジャンル・タグ 
ホラーサスペンス・現代風・重量感(中)・ストックホルム症候群・保険金自殺の目撃者・死臭漂う黒い家・指狩り族の男・黒い寡婦ブラックウイドウ・蜘蛛の夢


評価  
素敵 

貴志さんの名作の一つ。今読むと時代錯誤を感じる部分(携帯電話の普及・ワープロ等)がありますが、ホラーのスリルは全く色褪せません。見えない恐怖より恐怖の正体の行動に寒気がします。恐怖の正体は序盤あるいは中盤である程度推測でき、ホラーでも、サスペンスの要素が強いです。物語の展開のアクティブさを楽しみましょう。※残忍な表現が含まれています。苦手な人は注意。

感想ネタバレ↓
[貴志祐介 黒い家]の続きを読む
関連記事
スポンサーサイト

センセイの鞄 (文春文庫)センセイの鞄 (文春文庫)
(2004/09/03)
川上 弘美

商品詳細を見る

センセイの鞄 (新潮文庫)センセイの鞄 (新潮文庫)
(2007/09/28)
川上 弘美

商品詳細を見る


前書き
わたしは
名前もよく覚えてもいないセンセイと
いつもの道で会い、
いつものお店で会い、
いつものように冷や奴を注文し、
隣の席で同じお酒を飲み交わし、
何もなかったように飲み別れ、
なにもなかったように家路につく。

つかず、離れず。
駆け引きなんていらない。
そのままの関係がいい。
その飾らない関係がいい。

だから、先生でも、せんせいでもなく、
「センセイ」に私は恋をしたのだ。


ジャンル・タグ 
ほのぼの恋愛・現代風・重量感(中)・当たり前の偶然・年の差の恋・高校時代の先生・生徒と先生

日記のような、詩のような日常を描いた小説です。とても平和な恋愛物語、読み終わった時に心が少し温まります。ジャンルは恋愛小説のくくりにしてありますが、恋愛要素は薄いのであしからず。ホントと生活日記に近いです。

評価  
普通

感想ネタバレ↓
[川上弘美 センセイの鞄]の続きを読む
ワイルド・ソウル〈上〉 (幻冬舎文庫)ワイルド・ソウル〈上〉 (幻冬舎文庫)
(2006/04)
垣根 涼介

商品詳細を見る

ワイルド・ソウル〈下〉 (幻冬舎文庫)ワイルド・ソウル〈下〉 (幻冬舎文庫)
(2006/04)
垣根 涼介

商品詳細を見る


前書き
知らないということは、それ自体罪なのだ。

皆がやっていることだからとか、自分で考えることもせず多数意見に流され自分の保身しか目に入らない。自分が良ければいい。日本の中南米移民政策に乗った日本人移民の生活の過酷さなど、見向きもせず、自分の権威とプライドを維持することに躍起になっているのだ。

想像力がないのだ。

相手の立場になって物事を考えることも、その姿勢もない。そのことに平気な顔をしている。そういう人間が国の方針を担う立場にかかわっていること。心の底ぞっとする。本当の罪人とはこういう意識のない人間をいうことをいうのだ。もちろん、お気楽にこの国で生きてきた国民も同類である。腰の据わらない貧乏臭い日本人。割り切ることをしらず、相手の目を気にして自分の行動を正当化しようとする。人が右を向けば自分も右を向くことしかできないのだ。

まず知るべきなのだ。そこから自分の小さい脳ミソで一生懸命考えてみることだ。


ジャンル・タグ 
社会派ヒューマン・1950年代から1960年代・重量感(大)・ブラジル日系移民問題・緑の地獄・4万人の悲しみ・復讐の女神メビウス・「アディオス、パパイ、ママイ」

評価  
最高  

私も貧乏臭い日本人です。何も知らずにここまで生きていました。こんな政策が1950年代にあったんですね。この小説を読み進めていくと、自分の人生の挫折、不幸というものが、全くもって贅沢に思えます。私の不幸など、不幸と呼ぶに相応しくもないと感じてしまいます。それほどに、ここに書かれている物語は不幸という意味でえぐく、悲しすぎるのです。しかも、これが、たった50年前の日本人が経験していたと思うと驚きです。長めの小説ですがストーリーとして躍動感もあり、私は飽きず読みきりました。面白いです。物語として完成度が高いです。だけどそこが問題じゃないです。この小説を読めば知ることができるです。私がこの小説を読んで大切だと思ったところは「知る」にあります。「知らない」じゃなくて「知ろう」と思うことです。なにかは得られるはずです。※官能的な表現が含まれています。

感想ネタバレ↓
[垣根涼介 ワイルド・ソウル]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。