小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2010/101234567891011121314151617181920212223242526272829302010/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黄金旅風 (小学館文庫)黄金旅風 (小学館文庫)
(2008/02/06)
飯嶋 和一

商品詳細を見る



前書き
長崎は徳川家直轄の地だ。ポルトガル人も、イスパニア人、オランダ人も、唐人も入り乱れた今の暮らしは直に終わる。すべての教会は壊され、切支丹はことごとく追放される。長崎も、有馬領も、島原で起きてきたものと同様に同じことが繰り広げられる。

秀吉が天照神として、この長崎で切支丹を磔刑したように、今度は家康が同じことをやる。他の神など一切いらないのだ。長崎の者は、もちろん選ぶ余地はなく、天主教を棄てるしかない。もし、隠れて経典でも読んでいれば、公儀御法をないがしろにし天主教を密かに信奉した非道の輩とみなされる。そして六十路をむかえる老母だろうと今年5歳となる子であろうと、検挙して牢屋敷に送られる。その後、待っているのは死である。

奉行所のやつらはいかに多くの切支丹をとらえて自分の手柄とするかに躍起になっている。その切支丹たちが、火あぶりされようが、斬首されようが、硫黄の臭いがたちこめる沸騰した硫黄泉に投げ込まれようが、自分の懐の肥しや自分の地位が確かであることばかりに目が向いている。

大愚を行う者は必ず大義を振りかざし、結果最も弱き者が悲惨を見ることとなる。


ジャンル・タグ 
歴史(時代物)・江戸時代初期・重量感(大)・町田宗賀の大甥・内町火消組惣頭平尾才介・末次平蔵茂貞の傑出した資質・キリシタン弾圧の歴史・カピタン平蔵の武力主義・「放蕩息子」の先見の明・雲仙地獄

評価  
素敵 
 
飯嶋さんの本は今回で3冊目になりますが、すべて傑作と呼べるに相応しい小説です。小説だけを見ていると、飯嶋さんは完璧主義者ですね。すべて参考文献を読み砕き、考証を重ねたうえで、歴史の一ページを一編たりとも逃すまいという気概が伝わってくる形に一冊です。ただ、読者の人からみれば、飯嶋さんの本は、どの本も長くて読みづらいという欠点はぬぐえません。私はいっこうにかまいませんが、長い文章、長い物語の展開を読むことが得意でない方や短い物語やスムーズに展開する小説が好きな人にとっては、傑作とはいえないでしょう。きっとダラダラ長くてしんどいだけの駄作です。歴史好きや歴史を研究している人にとっては司馬遼太郎さんの小説並みに読む価値のある小説として仕上がっています。そこが悲しくも嬉しくもあります。

感想ネタバレ↓
[飯嶋和一 黄金旅風]の続きを読む
スポンサーサイト
三月は深き紅の淵を (講談社文庫)三月は深き紅の淵を (講談社文庫)
(2001/07/13)
恩田 陸

商品詳細を見る


前書き
ミステリとは、単に殺人事件がおきて、それを推理して解決することをいうわけではない。

不可解なトリックのある殺人+名推理 がミステリではない。

ミステリ、謎の失踪事件がおきて、その謎を追っていくんだって良い。名も知らない辺境の地へ引っ越してきた村の住人が、奇天烈で薄気味悪い言動を主人公に差し向け、その奇妙な世界に主人公が引きずりこまれてしまう話だって良いのだ。そのゾワゾワとした、そのはらはらさせる謎を含んだストーリーに「ミステリ」という存在をみるのだ。

例えば、「三月は深き紅の淵を」という本を例にしてみれば良い。この本はほんとに謎なのだ。何が謎かというと、「三月は深き紅の淵を」という本のストーリーが一切書いていないのだ。書いてあるのは、その作品が何部で構成されているだとか、作品のすばらしさを語られたり、作品がどのような構想で書かれているかを書いているだけで、肝心のこの作品のストーリーが記載されていないのだ。ほんとに謎な本。予告、宣伝だけで本編が書かれていない本。だからこそ、無性にそのストーリーが記載された「三月は深き紅の淵を」という本を読んでみたくなる。

人は謎を求めたがる。人のサガはとても mystery である。


ジャンル・タグ 
ミステリ・サスペンス・現代・重量感(中)・幻の本「三月は深き紅の淵に」・本の存在意義・本を読む読者の視点・本を書くと決めた哀しいプロローグ・本を書く作家の視点・一人称と三人称のロンド

評価  
素敵 

「麦の海に沈む果実」シリーズ(それぞれの物語は個々別物ですが、キーワードがリンクしているシリーズ)。シリーズで2番目に読むべき小説(最後の方がしっくりくると思うですが、どうでしょう?)。

幻の本「三月は深き紅の淵に」にまつわる短編集。小説をあまり読まない人は気持ちに共感しにくいかもしれません。そう思わないとしても、ミステリなら素直な本を選択するのがいいかもしれません。しかし、小説をよく読む人は読んでみるべき本です。小説好きには思わず「なるほど」うなずいてしまう小説ではないでしょうか。なぜなら、小説の良さを読者視点で解説、説明していくストーリーだからです。しかも、著者(架空の著者)の性格判断があったり、ミステリでもありつつ、小説家の頭の中を少しだけ覗かせてくれる物語となっているからです。小説の物語の流れの一本調子な面に慣れている小説好きにはおすすめしたい本です。数ある小説の中ではマニアックな小説ではないでしょうか。内容がマニアックというわけではなく、文章の構成という意味で。


感想ネタバレ↓
[恩田陸 3月は深き紅の淵を(「3月は深き紅の淵に」キーワードシリーズ②)]の続きを読む
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。