小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2011/01123456789101112131415161718192021222324252627282011/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黒と茶の幻想 (上) (講談社文庫)黒と茶の幻想 (上) (講談社文庫)
(2006/04/14)
恩田 陸

商品詳細を見る

黒と茶の幻想 (下) (講談社文庫)黒と茶の幻想 (下) (講談社文庫)
(2006/04/14)
恩田 陸

商品詳細を見る

前書き
人間というものは、苦痛や不幸がないと、自分たちが生きているという実感がない。せっかくいつまで良い夢を見ていられるというのに、彼らは決して満足しない。幸せであることに疑問を持つ。幸せが続いていると、彼らはだんだん不安になるのだ。「こんなに幸せが続くはずがない」「なんか幸せすぎて怖い」
自ら悪夢を作り出さずにはいられない。

それは人間の本質をついている。

地球が誕生して何十億年経てから今まで「変化」しないということがなかったはずだ。地球が誕生したのも、人間が誕生したものも、秩序が乱れ、「変化」が起こり続けた賜物である。すなわち、人間が今も生き続けているのは「変化」という線路に乗り続けているからだ。そして今後も人間が生き続けていくにはやはり「変化」という線路を進み続けることが必要である。
「変化」は「エネルギー」を必要とする。
「エネルギー」を使って進み続ける人間の生命。人生。

一方で、幸せとは秩序だ。秩序は「エネルギー」を要さない。それではいつまでたっても、「現在」という駅から出発することはできず、「変化」という路線を走り始めることができない。つまり、人間の死を意味する。常に、生物にはハッピーエンドが許されていないのはそのためだ。だからこそ、彼らは幸せに懐疑的になるのだ。劇的な展開を求めることもそのためだ。人間のサガというやつである。

わたしは今、読み進めている、この物語に「変化」を求めて、ページを滑らせる。
やはり、私も人間のサガからは逃れられないのだと知る。


ジャンル・タグ 
旅と追憶のミステリ・現代・重量感(大)・4人の視点・4人の考え方・4人が持っている謎・4人の関係性・主人公バトンリレー・初秋の壮年男女の旅・主観的な考えと客観的な意見・過去の人生を振り返る物語


評価  
最高  

「麦の海に沈む果実」シリーズ(それぞれの物語は個々別物ですが、キーワードがリンクしているシリーズ)。シリーズで3番目に読むべき小説(個人的に)。

なかなか読みごたえがある本でした。分厚くはないですが、恩田さんの思考がぎっしり詰まった本という感じがして、読み進めていくのは、重みがありました。ミステリであり、サスペンスであり、ジャンルとしては至極な味わい。時代設定は現在であり、初版が古いので時代錯誤がちょぴっとありますが、気にならない程度です。恩田さんって、人間観察、分析をするのが好きなのかもしれないと思わせる内容でした。人の心を読める力を備えているかもしれないですね。日常に起こる社会生活も、他愛無いちょっとしたミステリアスなエピソードも、男女の色恋沙汰も、まずは、観察から。そして分析して推理する。それが恩田さんって感じでした。季節は9月の秋。


感想ネタバレ↓
[恩田陸 黒と茶の幻想(上)(下)(「3月は深き紅の淵に」キーワードシリーズ③)]の続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
講談社と中堅書店チェーン・大垣書店(京都)、今井書店グループ(鳥取)、広文館(広島)の3社が共同で書籍販売改革に乗り出すそうです。3月中に共同出資で新会社「太田丸」を立ち上げます。人気作家の作品などの配本が優先されにくい中堅以下の書店に販売機会を増やすのが狙いみたいです。


電子書籍の普及や紙の書籍の市場の縮小が続く中、ちいさな書店の会社にも難しい局面に来ています。特に地方の書店などは本、雑誌が売れなくて経営が厳しいのでしょう。うまくいってほしいです。




関連記事
ついに紙が電子に取って代わる時代の到来がきてしまったという嬉しくも悲しい事実が。

日経より抜粋


米書店チェーン大手に淘汰の波が迫ってきた。16日にはボーダーズ・グループが米連邦破産法11条の適用を申請し、事実上倒産した。電子書籍端末やタブレット型と呼ばれる多機能携帯端末の普及で、本や雑誌をインターネット経由でダウンロードして読む消費行動が広がったのが背景だ。
・・・中略・・・
米書店チェーン首位のバーンズ・&ノーブルも10年8~10月期の最終損益が1200万ドルの赤字となるなど収益悪化が続く。オンライン書籍販売額は増えたが、実店舗の既存転売上高が振るわなかった。一方、米アマゾン・ドット・コムは一月末、電子書籍のコンテンツ販売がペーパーバックの販売数を超えたことを明らかにした。



アメリカのことですが、日本も第二の犠牲者となる可能性がありますよね。最近はアンドロイドやスマートフォンなどの電子端末が人気が出て、それはそれで利便性があるのでうれしいのですが、紙好きとしては脅威でもあります。アメリカより紙の本に愛着を持つ日本ではまだましですが、

紙の本が売れないということは、

ダウンロード書籍が増える=単行本が売れない=文庫化されない本が増える 

につながってきて、文庫を買いあさっている私としては今後の展開が怖いです。昔の本が残るとしても、新しい本の文庫本を見れないというシナリオもなくはないので、それがとても怖い。

関連記事
サマータイム (新潮文庫)サマータイム (新潮文庫)
(2003/08)
佐藤 多佳子

商品詳細を見る



前書き
俺が右手、左手が彼女。曲はサマータイム。ガーシュウィンのオペラ曲。彼女の下手な伴奏でも、俺は満足だった。今、雪が降り積もった季節に、この手紙を見るとあの汗ばんだ夏の日を思い出す。

しっかりしろっ!、男の子のように乱暴に叫んでは、自転車をおれが乗れるまで、スカートが破れるまで手伝ってくれた彼女の声が古い手紙から蘇ってくる。

臆病風を吹かせた俺に素直に返してくれた彼女。
事故を契機に一度、足踏みしてしまったが、俺はバランスをとってまっすぐ自転車のペダルを踏むように、地に足を付けようとしている。俺の中に流れるメロディは灰色から、確固たる色を付けて流れていく。

とにかく、やってみる。
俺なりのベストをつくして、がんばってみよう。
俺の耳の中には、サマータイムのメロディーが鳴り続ける。



ジャンル・タグ 
青春ヒューマン小説(青春恋愛小説)・現代・重量感(小)・ジョージ=ガーシュウィン・ジョージ=シアリング・決心のためのプレリュード・片手弾きのサマータイム・恐怖心の克服・四季のピアニストたち

評価  
素敵 

シンプルでストレートな感情表現が妙に心地良くて、静かに底から熱さを感じる文章。そのうち読みたいと思っている「一瞬の風になれ」のプレリュードとして佐藤多佳子さんのデビュー作を読んでみました。薄くて読みやすいです。森絵都さんの書く物語のスタイルとかなり近い印象がありました。しかも、この小説の文庫の解説は森絵都さん。まさにうってつけの解説者。「サマータイム」この小説の季節は春から冬まで展開されていくので、別に夏におすすめというわけではないですね。青春50%、ヒューマン25%、恋愛25%のさらさらした切なさと静かな情熱感がたまらない作品でした。佐藤さんの読んでいない作品もとても期待できそうです。

感想ネタバレ↓
[佐藤多佳子 サマータイム]の続きを読む
関連記事
旅のラゴス (新潮文庫)旅のラゴス (新潮文庫)
(1994/03)
筒井 康隆

商品詳細を見る


前書き
人生にどれだけの旅を続けていくことができるだろう。

家族を残して旅立つのは心残りだったり、新たに出会った人と別れるのを惜しんだり。そんなことしていたら、旅など続けられてはいなかっただろう。俺が、私が、薄情な奴であることもあるが何よりも旅には目的があって、目的を達するための決心がある。

旅は孤独だ。その前に、私たち自身が孤独である。人生も旅と同じようにみることができる。ただ私たちは自身の人生をいちいち孤独な物だと認識しながら生活しているわけじゃない。旅もそれと同じに考えればいい。
別れを惜しむことができるのは、俺が、私が、今も旅をしているからであり、旅をしていなかったらこんな感情を抱くことさえできなかったはずだ。私には旅が生に合っているということなのだろう。

いまは私はとても幸福だ。こうして旅から始まり、旅に骨を埋めようとしている。
こんな幸福なことはない。


ジャンル・タグ 
古典的なファンタジー・中世風・重量感(小)・男尊女卑な一面・文明退化から来る超能力・ラゴスの伝記・「必要なことは地位じゃない、知恵」・「逆転満塁ホームラン」なストーリー

評価
前半の章(集団転移・解放された男・顔・壁抜け芸人・たまご道・銀鉱)
普通


後半の章(着地点・王国への道・赤い蝶・顎・奴隷商人・氷の女王)

最高  

私がよく参考にさせてもらっているブログがあるんですが、nanaco☆さんが管理人の++ 薫風日記 ++ で紹介されていたので興味がそそられて読んでみました。この小説自体は200ページほどですぐに読み終えられると思います。申し訳ないですが、上記の評価が二つにしてあるのはストーリーが前半と後半で面白さの度合いが違ったのでやもえず、評価を二つにしました。決して2編構成の物語ではありません。なんというか、著者さんの前半で書く男女のあり方、価値観、男女の色恋の見方が保守的というか、偏った見方に感じました。その客観性に欠いた部分が好きではなく、前半は正直面白くなかったです。ただ、後半は個人的には、スラップから脱した投手のように文章に味が出てきて内容も納得いくものでした。個人的見解ですが、後半の社会科学の概念を年頭に置いたストーリーが著者さんが書きたかった得意分野の内容なのでしょう。そこに、切なさを加えたので、いいスパイスになりました。

感想ネタバレ↓
[筒井康隆 旅のラゴス ]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。