小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2011/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312011/04

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
虚空の旅人 (新潮文庫)虚空の旅人 (新潮文庫)
(2008/07/29)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る



前書き
<第4章 サンガル王国>
見渡すと、そこは広大な海岸線が続いていた。青い空に、青い海が続き、潮風が香る。ひと際、目をひく王宮は、巻貝を模してつくられた四つ尖塔をもち、壁も、屋根も<貝陶板>で覆われている。それは光をやわらかくはじき、王宮自体が輝いているように見える。

紺碧の海に白く輝く王宮と家々。淡い桃色の岬。まさしく海に浮かぶ珊瑚の都である。交易と海産物によって栄える国。今年、王国では、<新王即位ノ儀>がとり行われる。周囲の国々にもその招待状は届けられ、数十隻の巨大な帆船が<望光の都>をめざして、集まってきている。

この海風の音とは別に、少女が歌っているような異国の歌が聞こえてくる。なにかに取りつかれたように無心に。海の匂いはさらに濃くなったような気がする。開放的なこの国には、良いことも、良からぬことも分け隔てなく、流れ込んでくる。



ジャンル・タグ 
ファンタジー・重量感(中)・エスニックなアジアン王国・星読博士と呪術師・裏取引・若き皇子の旅・強大帝国の影

評価   
良書

守り人シリーズ第4作目。王道ファンタジーです。今回は3つ目の別の国に、ストーリーの舞台が移ります。一話完結だから「虚空の旅人」からも読み解けます。ストーリーの季節は夏です。守り人シリーズがはじめてだったら、バランスのとれた物語に面白さを覚えるでしょう。シリーズを読んできた人だったら、この物語にマンネリ感を抱くかもしれません。物語の展開が読みやすいというのが欠点なっています。どこかでどんでん返しがあったらよかったです。


感想ネタバレ↓
[上橋菜穂子 虚空の旅人(「守り人」シリーズ④)]の続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
ここ、2週間、自然というものの本当の恐ろしさというものと、人間の社会生活というとても脆い部分を目にして、はらはらしたり、心配したり、恐怖に慄いたり、安堵したり、思い出したり、現実に感情をころしたり、目まぐるしく感情が動きました。忘れがたい経験であり、今の感情はきっと忘れてしまうものであり、過去のものとなるでしょう。

非日常からいつもの日常に私が同化していくとき、やっぱり本の存在は私を落ち着かせるようです。前と同じように小説を読んで、そのときの小説の感想を書き連ねていこうと思います。だって、これが好きでたまらないから。ここにいる時だけは普段の生活している自分とは、別の自分でいたいと思っています。

原点に戻るとき、デジタルな電子書籍よりもアナログな紙の書籍にとても感謝させられます。では、よろしくお願いします。
関連記事
被災地の方々、お見舞い申し上げます。

家族と知人、親戚が連絡が取れ無事だったのでひとまず安堵しました。こういう時は、自分の頭には利己的な考えにしか浮かばず、自分の知り合いの安否にしか目が向かないですし、自分がなにもできないことをとても実感します。被災地に、というか、地元に自分の足が届かないことが悔しいことです。仕事をほっぽりだすこともできないですし、そんな行動力もないのです。ともかく、ほんとに親しい知人はほぼ連絡がかえってきたのでよかったです。電気、水道は復旧したようなのでよかったです。ただただ、他県で祈ることしかできないです。被害が大きい地域の方には恐縮で、大変お悔み申し上げます。

少しの間、自粛します。
関連記事

 新選組はいつの時代にもファンがいる。年をとっても脱落しない「慢性新選組病」がいて、それが僕です。今でも壬生寺の近藤勇の胸像の前で手をあわせたり、島原の輪違屋や角屋を訪ねたりしている。新選組にはまったのは、20歳ごろに子母澤寛の「新選組始末記」を読んでから。
 新選組が若い人たちを熱く魅了するのは、そこに敗者の美学や滅びの美学があるからでしょう。新選組は歴史的には、いてもいなくてもいい人たち。坂本龍馬のように歴史を動かしたわけではない。偉人でも英雄でもない。しかし、140年そこらで人間は変わらない。彼らにはわれわれを共鳴させ、勇気づける「草莽の志」がある。
・・・中略・・・

『一刀斎夢録』新選組3部作の完結

まず考えたのは類型に陥らないこと。新鮮味のない人物、ありふれた物語にはしない。では隊士のだれを取り上げるか。近藤勇や土方歳三はイメージが固まっていて、想像をたくましくしても独創性が出ない。その点で斎藤一はよくわからないから面白い。偏屈者で非情なテロリストだ。しかし、合理的で明晰な点もある。明治、大正と長生きして歴史の証言者になった。
この小説は、鳥羽伏見から戊辰の戦い、西南戦争や乃木の殉死を扱う。そこでは隠された歴史の謎の一端が明らかになる。なぜか。斎藤一はニヒリストで、日本中の人がだまされても。彼はだまされないから。歴史のウオッチャーとして一番ふさわしい人物だと思う。学者は歴史に「イフ」をいえないが、小説家はそれができるから楽しいですね。

   by 2011年3月9日 日経新聞 引用

浅田さんの歴史小説はとても「熱く、厚く」、読みごたえがあり、とても深いものがあります。浅田さんの新選組は壬生義士伝を知って、のめりこみました。新選組って、確かに記事にあるように歴史的に見れば、時代に取り残された保守的な組織の一部のように見えます。ですが、真田信繁(幸村)がいた大坂夏の陣の豊臣家のように、「最後まで食らいつく、一人になっても食らいつく」ことの美学を感じ、新選組という物語に同じものを見るんですよね。若い青年たちが、命をかけてても貫き通すという、ロマンが。また例によって、浅田さんの得な一人語りが物語の中で発揮されるんでしょう。

一刀斎夢録 上一刀斎夢録 上
(2011/01/07)
浅田 次郎

商品詳細を見る

一刀斎夢録 下一刀斎夢録 下
(2011/01/07)
浅田 次郎

商品詳細を見る

関連記事
銀漢の賦 (文春文庫)銀漢の賦 (文春文庫)
(2010/02/10)
葉室 麟

商品詳細を見る


前書き
私たちは空を見上げた。
「星がきれいだ」そこには満点の星空が3人をむかえた。
「あれが天の川だ」指し示した先には無数の星群が広がっていた。
「知っているか、天の川を銀漢というのを」
「銀は金銀の銀、漢は羅漢の漢。天の川は漢詩では天漢、銀漢などの言葉で表される。この場合の漢は、男という意味ではなく、漢江、すなわち大河のことだ」
銀漢、そう口の中でつぶやいた。

あの頃、3人とも親しい友だった。それは、いつも変わらないものだと思っていたのかもしれない。身分は違えど、目指すところは同じだった。正義感だけは一人前だったのである。銀漢、今はただ銀色の髪をもった歳をとった男になってしまった。

暮雲収め尽くして清寒溢れ
銀漢声無く玉盤を転ず
此の生、此の夜、長くは好からず
明月、明年、何れの処にて観ん


今また、同じ満点の星空を見上げている。夜空の銀漢と同様に、年を重ねたあ奴は、昔と変わらず、自分に素直な生き方をしていた。どんな時勢が変わってしまっても、変わらないものはあるのだなとしみじみ思う。今一度、あ奴とともに行動をしよう。人は一人で生きているのではない、誰かとともに生きているのだ。

銀漢、そう口の中でつぶやいた。




ジャンル・タグ 
友情のヒューマン歴史小説・江戸時代中期・重量感(小)・逆命利君・身分の違いを超えた友情・漢詩とともに・変わることと変わらないこと

評価   
素敵 

時代小説はひさしぶりでした。小説で同じ種類の本を読むのは熱中、のめり込み方が心地いいですが、緩急つけて読んでいくとマンネリがなくていいですね。葉室麟という著者さんは、初めて知りました。最近売れ始めた著者さんですかね?名前がかっこいい。時代物の中では、今後葉室さんはヒットしそうな予感がありますね。この小説は王道な正攻法で、厚くない本ですが内容の濃いた本でした。とても安定した小説を描きあげています。壮年の年をとった友がひさしぶり再会し、互いに協力し合い、同じ目的に向かって邁進する物語。季節は夏から秋。秋ごろに読むと哀愁漂う感じでいいですね。心がスーときれいに流れていくようです。たまには、時代小説を読む方は原点に戻ってみては。

感想ネタバレ
[葉室麟 銀漢の賦]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。