小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2011/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312011/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天体議会(プラネット・ブルー) (河出文庫―BUNGEI Collection)天体議会(プラネット・ブルー) (河出文庫―BUNGEI Collection)
(1994/08)
長野 まゆみ

商品詳細を見る



前書き
<白鳥>が<天河>を翔ける九月も。
<少年>の持つ<水瓶>から零れる水を、<南の魚の口>が捕らえる十月も。
夜空には一等星が乏しい<三角座>の三等星が煌く十一月も。
<天馬>の二等星が天頂に煌いている双子座流星群の降る十二月も。
<仔犬>の一等星と天狼星を結んで南下した水平線すれすれにある<水先案内>を眺める一月も。

天体議会は開かれる。
「本日、議会招集。集合時刻は午后五時。場所はいつものとおり、時間厳守のこと。議長。印」

少年たちは夜空に夢を描く。
固体燃料をロケットに詰め、導火線へ。高く飛び立たせるために。
まだ見えぬ闇を、白煙を噴くアルミ二ウム青銅のロケットが突き進んでいく。夢を乗せて。
突如、打ち上げ花火のような鋭い音がする。発光は月夜の水辺のように碧く煌き、闇にしみ込んで消えた。

「どこへ行こう。」
「いつもどおりさ。」
「ぢゃあ、きまりだ。」
少年たちは並んで歩きだした。



ジャンル・タグ 
詩的なローファンタジー・未来風・重量感(小)・宝石のように風景描写の美しい物語・少年たちの友情と愛情と嫉妬・趣味は天体観測と鉱石集め

評価  
素敵 

情趣的でしっとりした世界観が魅力的な小説です。盛り上がりは少なめでしたが、世界観がとても美しいことでこの小説は愛されると思います。情景描写や風景描写がとても多く、風景描写の表現に凝っています。つまり物語ではなく、雰囲気、世界観ありきということも意味しています。その中でもストーリーで少年たちの純な心の葛藤が垣間見えます。SFな要素は薄く盛り込まれていますが、むしろ、この小説にはノスタルジックな思いにさせられます。ドラマチックな小説を読んだ後に読みたい小説です。劇的な物語に疲れたらこの「天体議会」をどうぞ。天体や鉱石が好きな人にもおすすめ。癒されます。


感想ネタバレ
[長野まゆみ 天体議会(プラネット・ブルー)]の続きを読む
スポンサーサイト
第24回 三島由紀夫賞・山本​周五郎賞 選考結果発表 5/17

http://www.shinchosha.co.jp/news/<5/17 新潮社ニュース>を参照

第24回三島由紀夫賞  
【受賞】『こちらあみ子』 今村夏子
こちらあみ子こちらあみ子
(2011/01/10)
今村 夏子

商品詳細を見る


第24回 三島由紀夫賞 候補作
『海と川の匂い』 伊佐山ひろ子 (リトルモア 2010年6月刊)
『アナーキー・イン・ザ・JP』 中森明夫 (新潮社 2010年9月刊)
『神的批評』 大澤信亮 (新潮社 2010年10月刊)
『こちらあみ子』 今村夏子 (筑摩書房 2011年1月刊)
『ビリジアン』 柴崎友香 (毎日新聞社 2011年2月刊)
「ぬるい毒」 本谷有希子 (「新潮」 2011年3月号)

選考委員:小川洋子、川上弘美、辻原登、平野啓一郎、町田康 /登壇者: 町田康

選考過程
まず『アナーキー・イン・ザ・JP』と『海と川の匂い』は最初に候補として外された。
議論が進んで『こちらあみ子』と『ビリジアン』に2作に絞られた。
2作の票が割れた形となった。
前者をおす選考者と、後者をおす選考者でわかれた。
3VS2で『こちらあみ子』に決まった。

選考者の意見
『ビリジアン』 
肯定的意見:
緻密な、整理されている文章と思いきや、精緻な織物のようになされている。文章が瞬間の連なりを描いていてみごとである。いろいろなばらばらな配置がありながら統一な世界観を描いている。物語で物を語ろうとしない。
否定的意見:
他人のアルバムを見ているような感じ。定型的な技法にたよりすぎている。作者に対する関心に依存しすぎている。

『こちらあみ子』
肯定的意見:あみこの存在感が圧倒的。あみこの世界がなにも象徴的でなく、おもわせぶりがない。あみこを視点としているが、読者にあらかじめ開示されていないところが小説の緊張感を保っている。 
否定的意見:図式的、構造的。ジャンルが作者の得意とするところなのではないか。今の社会を感じない。

今村夏子さんの声

初々しい記者会見となりました。喋りはあまり得意ではない様子で沈黙が結構続きました。影響受けた作品は「宮本輝」の「夢見通りの人々」や「ムーミン」シリーズらしいです。『こちらあみ子』は半年で休みの日を使って描きあげたそうです。
「つじつまがあわないところを直す作業が楽しかった」
「読む人のことは意識してなかった」
「軽い気持ちで応募し、書き上げていく中であみこという存在が出来上がっていった」
「今後は考えない。次の作品も探そうとも思っていない。受賞してからも考えられない」
と語っています。


第24回山本周五郎賞
【受賞】『ふがいない僕は空を見た 』 窪美澄
ふがいない僕は空を見たふがいない僕は空を見た
(2010/07)
窪 美澄

商品詳細を見る


第24回山本周五郎賞候補作
『ふがいない僕は空を見た』 窪美澄 (新潮社 2010年7月刊)
『下町ロケット』 池井戸潤 (小学館 2010年11月刊)
『折れた竜骨』 米澤穂信 (東京創元社 2010年11月刊)
『民宿雪国』 樋口毅宏 (祥伝社 2010年12月刊)
『本日は大安なり』 辻村深月 (角川書店 2011年2月刊)
『ちょちょら』 畠中恵 (新潮社 2011年3月刊)

選考委員:浅田次郎、北村薫、小池真理子、重松清、篠田節子 /登壇者 重松清

選考過程

満場一致で、『ふがいない僕は空を見た』点数は満点。
選考員がすべて○をつけた。高い評価で決まった。
『下町ロケット』と『民宿雪国』は議論として最後まで残った。2位は『下町ロケット』。ただ、1位と2位の差は大差。

選考者の意見
『折れた竜骨』は時代がハードルになっている。面白さは折り紙つき。宗教観、思想を掘り下げてほしかった。

『民宿雪国』は異種格闘技のようなもの。5作が同じ土俵で戦っているが、『民宿雪国』は別の土俵に立っているため、選考で議論を要した。文体が繋ぎ合わせたパッチワークに思える。偶然か作為的なのか。チープである。

『下町ロケット』はストーリーありき。

『ふがいない僕は空を見た』は登場人物が良い。ストーリーがありきでなく、人物が先にある。少年が登場出てくるとこが作り物めいていない。

窪美澄さんの声
「生老病死という言葉があり妊娠出産は老い、死というものを含んでいるが、雑誌では書けなかった。小説というフィクションなら書けると考えた」
「ふがいなさはだれでも経験する状況があると思う」
「ふがいない僕は、だれか個人をさしているわけでない。人はだれでもふがいないじゃないかと思う」
「影響受けた作品は村上春樹と村上龍」
「自分の受賞より今村さんの受賞がうれしい」
「今、この日本がですね、ふがいない国で生きている状況で、しょうせつとか、フィクションの力はすごく多き者ものなので、期待しすぎてもいけないですが、自分を遠いところへとばしてくれる。本を買って本をよんでほしい」
と語っています。



文芸春秋が扱うのが、芥川賞、直木賞ならば、新潮社が扱うのが、三島賞、山本賞です。芥川賞と直木賞が有名ですが、むしろこちらの二つの方が本好きには本命にでしょう。

なぜなら、芥川賞は枚数、文字数制限がありますし、短編になりますが、三島賞、山本賞は中編の賞であるので、選ぶ小説の対象が広くなります。枚数制限で落ちていた面白い小説も拾われるわけです。

ちなみに、三島賞は芥川賞を受賞すると候補になりません。逆はあります。また、山本賞も、直木賞をとる前の文学賞です。少し前の本屋大賞と比べて見るのも面白いかもしれません。三島賞・山本賞は選考員が任期制です。芥川直木賞は年2回ですが、三島山本賞自体は一年に一回です。文学賞は話題作りですが、話題作りしなければ、もっと文学衰退が進むのでないと困るのです。

『escala cafe』調べ、20代の女性が選ぶ「好きな女流作家」ランキング

第1位/江國香織......17.7%
東京タワー (新潮文庫)東京タワー (新潮文庫)
(2006/02)
江國 香織

商品詳細を見る
間宮兄弟 (小学館文庫)間宮兄弟 (小学館文庫)
(2007/11/06)
江國 香織

商品詳細を見る



第2位/宮部みゆき......16.8%
模倣犯1 (新潮文庫)模倣犯1 (新潮文庫)
(2005/11/26)
宮部 みゆき

商品詳細を見る
ブレイブ・ストーリー (上) (角川文庫)ブレイブ・ストーリー (上) (角川文庫)
(2006/05/23)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


第3位/群ようこ......9.8%

かもめ食堂 (幻冬舎文庫)かもめ食堂 (幻冬舎文庫)
(2008/08)
群 ようこ

商品詳細を見る

鞄に本だけつめこんで (新潮文庫)鞄に本だけつめこんで (新潮文庫)
(1990/10)
群 ようこ

商品詳細を見る


第4位/よしもとばなな......9.2%
キッチン (角川文庫)キッチン (角川文庫)
(1998/06)
吉本 ばなな

商品詳細を見る

TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)
(1992/03)
吉本 ばなな

商品詳細を見る


第5位/恩田陸......8.5%
夜のピクニック (新潮文庫)夜のピクニック (新潮文庫)
(2006/09)
恩田 陸

商品詳細を見る

ユージニア (角川文庫)ユージニア (角川文庫)
(2008/08/25)
恩田 陸

商品詳細を見る


第6位/湊かなえ......7.9%
告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)
(2010/04/08)
湊 かなえ

商品詳細を見る
夜行観覧車夜行観覧車
(2010/06/02)
湊 かなえ

商品詳細を見る



第6位/『めまい』や『肩ごしの恋人』の著者「唯川恵」さん……7.9%
第8位/『博士の愛した数式』や『妊娠カレンダー』の著者「小川洋子」さん……6.3%
第9位/『天国旅行』や『まほろ駅前多田便利軒』の著者「三浦しをん」さん……3.5%
第10位/『乳と卵』や『ヘブン』の著者「川上未映子」さん……2.2%
第10位/『おいしいコーヒーのいれ方』や『星々の舟』の著者「村山由佳」さん……2.2%
 ※第11位以下は略。

『escala cafe』にて2011年4月にWebアンケート。有効回答数316件(escala cafe会員:22歳-29歳の働く女性)
2年連続で「江國香織」さんが第1位! 20代女子が選ぶ「好きな女流作家」ランキング by escala cafe
2年連続で「江國香織」さんが第1位! 20代女子が選ぶ「好きな女流作家」ランキング by ニコニコニュース 

江國さんが第一位だそうです。このアンケートはどんな趣旨で集計されたんでしょう。周りの20代の女性がどんな感性を持っているのかの一つのアイテム、材料となるということでしょうか。


正直、この結果は今後「好きな女流作家」を探すという意味では参考になるランキングではありませんね。人気のある「森絵都」さんや、「辻村深月」さん、「あさのあつこ」さん、あるいはファンタジーや歴史小説作家で人気な女流作家はさておき、「宮部みゆき」「恩田陸」さん並みに人気がある女流作家である「有川浩」さんをこのランキングから差し置いている時点で「好きな女流作家」を探す指針になりません。


どちらかというと、20代の女性が選ぶ「知っている女流作家」ランキングという感じですね。「江國香織」さん、宮部みゆきさん、「恩田陸」さん、「三浦しをん」は特にヒット作が多いですし、原作が映画化されている物が多いので有名ですし、ランクに入っていて当然な作家さんですね。

「小川洋子」さんも「博士が愛した数式」で有名ですね。
「湊かなえ」さんは去年あたり「告白」がとても大ヒットしたので知名度は高いですね。

「群ようこ」さんと「よしもとばなな」さんは昔から活躍している作家さんですが、20代の女性が選ぶにしては渋いですね。

「唯川恵」さんや、「村山由佳」さん、「川上未映子」さんは、文学賞で有名ですし、恋愛小説というジャンルで有名なのでなるほど、頷けますね。川上さんの場合、女優さんですし、露出度も高いのでこのランキングに相応ですね。

全体的に、「恋愛小説寄り」なランキングですが、恋愛小説の司令塔的な存在の「川上弘美」さんや、天才肌で洗練された小説を書きあげる「島本理生」さんが入っていないのは変ですね。



本好きな女性にアンケートを取ったら、たぶんこの結果にはならないでしょうね。皆さんはどう思いますか。

『escala cafe』
http://escala.jp/rank/2011/05/2120_3.html
http://news.nicovideo.jp/watch/nw61408 参照



文庫版 狂骨の夢 (講談社文庫)文庫版 狂骨の夢 (講談社文庫)
(2000/09/05)
京極 夏彦

商品詳細を見る



前書き
ざわざわ、ざわざわ、騒騒、騒騒
波の音。潮騒の記憶。

私は生まれも育ちも山の中の村でございます。
私の郷里は信州でございます。もちろん海などございません。
生家は農家で、とても貧しゅうございました。
十三のときに近在の造り酒屋に奉公に出向きました。
当然、海などみたこともないのでございます。
生来、海とは無縁なのでございます。

なのに、なのに
また、海鳴りだ。
海鳴りが鬱陶しい。
海鳴りが嫌いだ。
そもそも海など見たこともないのだから、嫌いというのはおかしいものである。
ああ、この忌ま忌ましい海鳴りで目が醒める。
寝ても起きてもひっきりなしに聞こえ続けるあの音はどうにかならぬものだろうか。
私は海で一人で遊んでいる。浜に波が打ち寄せる風景がありありと。
ざわわ、ざ、ざざ。騒騒。
また海の夢なのである。夢かうつつなのか。
“私の記憶”の中に“私ではない記憶”があるのはなにごとか。
夜が来る度、私は深海に身を投じるような不安に苛まれる。

どこまでも、いつまでも沈み続ける。
そのうち水は体にまとわりつき、ふやけてきた肉片は剥がれ、骨が見える。
私はすっかり骨だけとなる。
恐怖で大声を出しても、骨はカタカタ音を鳴らすだけである。
はたから見たら、海に沈む私の骨はなんとも不気味である。


ジャンル・タグ 
ホラーチックな推理ミステリ・昭和初期・重量感(大)・首無し死体・海に浮かぶ黄金の髑髏・キリスト教と精神心理学と仏教と神道・精神分析学者フロイトの顔・狂信者たちの瘴気・劇的な回心

評価  
素敵 

百鬼夜行シリーズ(京極堂シリーズ)の第3弾。ホラーチックではありますが正直怖くないです。シリーズが進むごとに怖さはなくなっている気はします。とはいえ、私がこのシリーズを読み続けているのはこの怖さを求めるわけではなく、もったいつける謎の正体にワクワクさせられるからです。そう、ミステリとして最高なのです。言い換えれば、ホラーが苦手な人でも全然抵抗なく読めます。相変わらず、長ったらしく読みにくいですが面白かったです。ただ、寄り道の多い本なので、読む方は飽きずに読み切ってほしいですね。今回は宗教、心理学の内容の濃い内容でした。前作(秋)の続きで、設定では時期は冬頃のようです。いつもどおり、お馴染みのキャラクターが出てきます。新しいキャラも出てきます。

感想ネタバレ↓
[京極夏彦 狂骨の夢(百鬼夜行シリーズ③)]の続きを読む
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。