小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2011/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312011/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MISSING (双葉文庫)MISSING (双葉文庫)
(2001/11)
本多 孝好

商品詳細を見る


前書き
両親はどちらもいなかった。事故で二人ともいない。
私は、東京にいた伯母の家に預けられ、そこで育てられた。私は、愛情を持って接してくれる伯母夫婦に感謝しながらも、しぐさや言葉づかい、視線にどこか疎外感を感じずにはいられなかった。愛情に飢えた子どもが取る手段といえば、拗ねるか、その逆に愛想よくふるまうかだ。私は後者をえらんだ。

礼儀正しく、人当りがよく、明朗で、誰にも親切に接し、それでも決して本心を見せない。それは、年を重ね、人並みに恋をするようになってもかわらなかった。大学を卒業し、私は教師になった。特に情熱を持ったわけではない。だだ、学校という閉じられた世界は何にも替えがたい魅力的な職場だった。同僚や生徒のプライバシーには無関心だった。私は、家と学校を行き来するだけの生活を送った。

伯母が亡くなってから一人暮らしになった。両親の事故のきっかけを作った当事者から事故以来私の口座には事件以来お金が振り込まれ続けられた。

生活はひどく楽だった。
しかし、決して楽しくはなかった。
私が佐倉京子と会ったのはそんな時だ。



ジャンル・タグ 
ミステリ恋愛要素をちょっびっと盛り込んだ切ないヒューマン短編集&人間の内側を描いたサスペンス・現代風・重量感(小)・負の連鎖からの小さい光・憎しみと悲しみが作り出す佯狂・青春の思い出と別れ・デスノートのキラ的発想

評価  
良書

「眠りの森」★★★★★


5話の短編集です。この小説のジャンルはミステリという枠に置かれていますが、決してミステリではありません。青春ヒューマン小説です。最初の「眠りの海」と「祈灯」は良い作品だと思いました。特に、「眠りの森」単独だけなら、最高★5です。短いのになんて内容の濃い話なんだと思いました。無駄な文章がなく、要領よく文章がつらなっていて読み心地も最高です。また、結末もよかったです。他の3つは個人的にはいまいちでした。残念なのは、5つとも、テーマや結末が似通って、どういう展開になるかなど、オチがパターン化されている節があるところです。5つも短編合わせるなら、味の違う作品を5つ並べてほしかったです。

むしろ良作の「眠りの森」単独で書籍にしたほうがうれしかったです。



感想ネタバレ
[本多孝好 MISSING]の続きを読む
スポンサーサイト
麦の海に沈む果実 (講談社文庫)麦の海に沈む果実 (講談社文庫)
(2004/01/16)
恩田 陸

商品詳細を見る


前書き
彼女は不安に苛まれていた。
知らない男に連れられて進む車窓の外を見ると、辺り一面が灰色の湿原が広がっていた。
目に映る淋しい、うらびれたその風景にこの先にくる現実に灰色の気持ちにさせられる。
車のドアを開け、2月の終わりで雪の匂いと冷気がさあっと吹き上げる。
北のその湿原に近づいていくと、こんもりとした森に覆われ、人工的な山があることが分かってきた。

男は「青の丘」と呼んだ。
本当に、青かった。丘というよりも、山に近い。丘の周りは湿原に続く巨大な池になっていることが分かった。
―陸の孤島―湿原の中の要塞である。
彼女は空恐ろしさを覚え、同時に即視感を覚える。
あれが、これから、学園生活を送る場所だ。
世間から見放された「灰色の湿原」と「閉鎖的な青の丘」を見ると彼女を憂欝にさせる。
そしてまた、とても、とても彼女を郷愁の思いにさせる。


ジャンル・タグ 
ローファンタジー要素含んだ学園ミステリ・現代風・重量感(中)・不思議の国のアリス・鏡の国のアリス・学園の生活・学園の失踪事件・学園の秘密・学園の真実

評価  
最高  

「麦の海に沈む果実」シリーズ(それぞれの物語は個々別物ですが、キーワードがリンクしているシリーズ)。シリーズで最初によむべき小説(個人的にそう思います)。

感嘆しました。面白かったです。この小説のくくりは一般的(某書籍サイトなど)にファンタジーに分類されていますが、かなりミステリに比重を置いていますね。ミステリ小説と考えていいと思います。最初読んでいるときは、テーマがいまいちとらえどころがなかったです。読み進めた結果、例えるなら「魔法を使わない、日本版のハリーポッターのような学園世界で失踪事件が発生するミステリ」です。どこが良いかというと、物語の中でミステリの伏線の張り方が最高なのと、あいかわらず、心理描写、人物描写がうまいことです。キャラクターは適度にそれぞれ個性が立っていて、キャラクターのリアリティ感が好きですね。そしてなんといっても、オチが個人的、大好きでした。いやー、引き込まれました。


感想ネタバレ↓
[恩田陸 麦の海に沈む果実(「3月は深き紅の淵に」キーワードシリーズ①)]の続きを読む
関連記事
哄う合戦屋 (双葉文庫)哄う合戦屋 (双葉文庫)
(2011/04/13)
北沢 秋

商品詳細を見る



前書き
そもそもいくさだてとは、いかに味方の犠牲を少なくして、楽に敵に勝つかを追求して決めるものでなければならぬ。

各々が武勇とおのれの強さのみにまかせて戦えばいいものであらぬ。明日のいくさだてには今日考えるでは遅いのだ。何日も前から戦略を立てて、もっとも不利ではない条件でいくさだての当日に備えるのである。いままでのような各人の勝手気ままないくさでは、到底勝つことなど覚束ぬぞ。そのことを皆、肝に命じることだ。


ジャンル・タグ 
英雄戦記ものの歴史小説・近世風・重量感(中)・孤影の軍師・田舎の豪族が一国の大名・武骨な性格と豊かな感受性

評価 
素敵 

このところ、歴史小説といえば、葉室麟さんや飯嶋和一さんの人情ものの小説が多く、ばりばりの戦記物の歴史物語に飢えていました。人情ものも好きですがやっぱり、私はとっては時代小説はなんといっても戦記物が胸あつなのです。時代小説を最初に見出したのも浅田次郎さんの「壬生義士伝」が最初です。一人の武勇な(知勇な)天才が一つの一時代を動かすような物語がものすごく好きですね。なので、探して見つけました。「哄(わら)う合戦屋」。いかにも戦記物。

端的に言うとこの話は天才軍師が田舎豪族を一国の大名に伸し上げていく成長物語です。

今の私の気分にぴったりのストーリーだと思いました。読み終わった結果、なるほど、「北沢さんは策士だな」と思いました。展開が一段落する前に次の展開、次の展開と。王道な起承転結。物語の展開の起伏が随所に盛り込まれていてなかなかよかったです。ワクワクと熱中してあっという間に読める小説でした。心理描写が軽く登場人物の性格が短絡的な面があり、リアリティが薄いのが少し残念でしたが。そして、タッチが軽快なので、時代小説が疎い人にもとても入っていきやすい歴史小説です。コア向けというより万人向け。まだ、戦記物を読みたい私は今度の時代小説は和田竜さんでいきたいと思います。


感想ネタバレ↓
[北沢秋 哄う合戦屋]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。