小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2012/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312012/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書室の海 (新潮文庫)図書室の海 (新潮文庫)
(2005/06)
恩田 陸

商品詳細を見る


前書き

あなたは私に見せたい自分があり、私には「あなた」のいう人物像が存在する。
それはつまり、あなたにとって「あなた」が表面的な人物像であるを示している。
あなたは表面的な人物像「あなた」を見せることで、内面的な人物像『あなた』をひた隠す。


事実がなかなか真実を語ってくれないことを私はいまではしみじみと感じている。

だから、知恵の輪のように見えそうで見えない事実が転がっていると、どうしてふれて確かめたくなってしまう。
私が本能的に「あなた」から『あなた』をみつけ出すために。
それが、今の秩序を崩してしまう恐れがあるとしても。


逆に、安定した環境、状況をもっているとしても、故意に暗い事実を落として不安定な状況を作り出す場合もある。
あなたが私に対して『あなた』のヒントを わざと ちらりと、垣間見せるように。


なぜ、そんなことをするのか。


不安定な状況を作り出すことで、新しい局面、今とは違うドラマに続いている可能性があるからだ。
なにごともそうだ。新しいものが生まれるのは、いつも と違う時だ。
バランスとれたオールマイティな女子高生がヒロインになれないのと同様に、有言実行の品行方正なサラリーマンがヒーローになれることはない。
少し偏屈な思考を持っていたり、大抵の物事に対して劣っているが、ひとつだけ特化している方が主役の資格があるだろう。

正しい事実が重なっていく限り、ミステリが始まることはない。 

ジャンル・タグ 
短編集・定番のミステリ(サスペンス)・緩めのSFファンタジー・シリーズの番外短編・時間のギミック・秘密の趣味・戦争の超人・きれいな女の子という偶像・旅のプロローグ・ミステリの過去・ロボットの芽生え・真実

評価  
素敵 


恩田さんの他の作品とリンクした物語が多い短編集です。リンクしているものは、「六番目の小夜子」シリーズ、「麦の海に沈む果実」シリーズ、小説「夜のピクニック」などです。

恩田さんの本は定期的に読みたくなります。恩田さんのミステリへの考察的思考がとても鋭く深くて(別の意味で、深読みや飛躍につながるような気もしますが)、別の本を読んで少し飽きてくると、読んでる途中で気持ちが離れる時があります。そのときは大体、恩田さんの活字が見たい衝動に駆られます。私は、考察的な活字が好きなようです。そして今回は、<「麦の海に沈む果実」シリーズ>の延長に「図書館の海」を見つけました。個人的には、<「麦の海に沈む果実」シリーズ>を完読してから、別のシリーズ、他の長編を読んでいこうと思っています。



感想ネタバレ↓未完成
[恩田陸 図書館の海]の続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。