小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2013/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312013/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁じられた楽園 (徳間文庫)禁じられた楽園 (徳間文庫)
(2007/03)
恩田 陸

商品詳細を見る


前書き
魅力的なものというのは、どうしてこうも、直視しがたく、後ろめたさを感じることなのだろう。

誰しも本質的に欲していて、いつでも、それを手にしたいと思っている。チャンスがあれば、誰にも知られずに、
自分だけ独占したいと思っている。

だが、みんなが見ている前で、手が届くとしても、自分が手にするのは、憚られる。
魅力的なものには、リスクが伴う。いつも好奇と羨望がつきまうとう。
自分がそれを手にした瞬間、嫉妬、憎悪を生み出す。だから憚られる。

しかし、それは、それ自身自ら、自分の手元に舞い込んだ。
喜んだ。
自分が欲しているものが、それ自身が手元に舞い込んだ。
もう理性は、素っ飛んだ。うれしさのあまり。


結局のところ、リスクは、受け取っているのだ。



ジャンル・タグ 
ホラーサスペンス・ちょいダーク・ローファンタジー・カリスマな美術家・婚約者の失踪・心の闇

評価
前半  
素敵 

後半
良書

タイトルだけみて、読んでみた一冊。タイトルの「楽園」というのが気になって、恩田さんの楽園というイメージがどんなものか、わくわくしながら読んだ作品。思考がめまぐるしく展開して、深い心理描写が魅力でした。ストーリー展開は、堅実に作られたさすが恩田さんの作品。ただ、途中から方向性がブレてきて、物語を終わらすための着地点な読後感を感じました。

感想ネタバレ↓
[恩田陸 禁じられた楽園]の続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。