小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2000/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312001/03
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 た行の著者


筒井康隆
ジャンル:①ファンタジー
似た雰囲気の著者
特徴:
①社会科学の視点からの成長ファンタジー。
②文章は理路整然。あっさりとした文章。保守的で理屈重視な面。感情心情の変化、心理描写がいまいち。
③合理的で感情無視な一面で、リアリティは薄い。哀愁漂うロマンチックなエンド。
お気に入り本:旅のラゴス


恒川光太郎
ジャンル:①ファンタジーホラー(スリラー)
似た雰囲気の著者:乙一、泉鏡花、天沢退二郎、ジャン・レイ、柳田國男
特徴:
①日常と鏡の向こうの非日常が地続きの抒情的で刹那的な異界ファンタジーあるいはホラーファンタジー。
②文章はいたって平明で、単調で読みやすい。起伏がない静かな肌寒さ。一人称の心理描写が適切。
③切なさ残るハッピーエンド。乙一さんの作品を月で象徴としたら、恒川さんの作品は太陽で象徴される。

お気に入り本


飛浩隆
ジャンル:①SFSFファンタジーサスペンス
似た雰囲気の著者
特徴:
①「AI、惑星もの」の耽美的で残酷な幻想的なSF小説。世界観はPCプログラムの仕組みに依存。
②どんでん返しな展開。造語・横文字が多い。心理的描写が深い。官能的な表現でエロイズム。
③空想科学の違和感は個人的には少ない。右脳が刺激される作品が多い。RPG的ストーリー。
お気に入り本:グラン・ヴァカンス―廃園の天使〈1〉、デュオ





関連記事

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kkk12liliyom.blog69.fc2.com/tb.php/136-86bf3853
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。