小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ななつのこ (創元推理文庫)ななつのこ (創元推理文庫)
(1999/08)
加納 朋子

商品詳細を見る




拝啓、あなた様

いったいいつからミステリの魅力に取りつかれしまったのでしょうか。いつから、ファンタジーを離れて、推理によって謎を解き明かす小説に取りつかれ、サスペンスなハラハラドキドキのミステリ小説に取りつかれ、色々なミステリの魅了に取りつかれてしまうようになってしまったのでしょうか。
いつだって、どこだって手元にミステリがあったのです。

突然の何の手紙と思われたことでしょうね。
本日、<ななつのこ>を読ませていただきました。私にはうまく表現できませんが、読み終えてからの私の気持ちをいくらかでもお伝えできたらと思い、こうしてペンをとっています。

月並みで恐縮ですが、とても良かったと思います。本を手に取った瞬間から感じ、不思議に思っていたのですが、この作品に私は終始、奇妙な懐かしさを覚えるのです。郷愁、とでもいったらいいでしょうか。

というのもこの作品には、たくさん私のことが書かれているのです。

大げさかもしれませんが、私、いや私たちの身の回りには様々なミステリが巻き起こっているにもかかわらず、私たちはそれを無視し続けてきたのです。なぜなら、必ずしも私たちが解き明かす必要はなく、ましてや必ずしも何か私たちの得になるものではないからです。しかしながら貴女の著書「ななこのこ」を、改めて自分のミステリを見出してみようと思いました。

そして、私はどうしても共感と感謝の気持ちを伝えたくて、衝動的ではありますがこの手紙を送らせていただきました。


ジャンル・タグ 
ほのぼの日常ミステリ&1/3スケール恋愛小説・重量感(中)・作家とファンの手紙のやり取り・本「ななつのこ」についての謎解き

評価  
素敵 

加納朋子さんの初読です。ミステリでありながら、殺人や主人公の逃走劇など、殺伐とした雰囲気とは全く対照的で、心をほっとさせるような日常生活におけるミステリです。加納さんの文章は最初の章から始まり、結末を読み終えるまで優しさに包まれ、とても心が洗われました。刺激や興奮を演出する小説たちの中で、愛情や信頼を主体にさせた文章をみていると、癒しの場所として、寛げる小説として帰ってくる場所がまだまだ残されているなあと安心感でいっぱいになります。そう、加納さんの物語は、故郷のようなものなのです。さあ、あなたも故郷の地に戻ってみてはどうでしょう。注意としては、古い作品なので時代錯誤を確実に感じます。連作短編です。

感想ネタバレ↓
話の内容は、主人公の入江駒子が作中の小説「ななつのこ」を読んでこの小説に惚れてしまいます。「ななつのこ」の著者の佐伯綾乃に小説に対する思いをつづったファンレターを送ったところから文章が始まります。

※作中の小説「ななつのこ」というのは、主人公の臆病だが好奇心だけはいっぱいの少年「はやて」が身近で起きる出来事、事件にたいして立ち向かっていく物語。この小説は作中で主人公<駒子>視点で内容が語られていきます。童話的であり、ファンタジー要素の色合いをみせながら、身近なミステリーに焦点が当たっているようです。駒子がよく「ななつのこ」の内容を語ってくれています。私の想像だと、湯本香樹実「夏の庭」、梨木香歩「西の魔女が死んだ」の小説に近いのではないでしょうか。想像ですよ。読むことはできないので。  

作中の小説「ななつのこ」
第1話 「すいかお化け」
第2話 「金色の鼠」
第3話 「空の青」
第4話 「水色の蝶」
第5話 「竹やぶやけた」 異色の話 ロマンスの話
第6話 「ななつのこ」
第7話 「明日に咲く花」

本書<ななつのこ>
第1章 「スイカジュースの涙」
第2章 「モヤイの鼠」
第3章 「一枚の写真」
第4章 「バス・ストップで」
第6章 「1万2千年後のヴェガ」
第7章 「ななつのこ」

「ななつのこ」は7話で構成された短編集ですが、<ななつのこ>は7話というか、7章に区切られている連作短編の小説というべきでしょう。<ななつのこ>とどのようにリンクしているかというと、一章ごと、作中の「ななつのこ」の一話のエピソードが引き合い出され、リアルで似たエピソードを駒子視点で語られていきます。主人公のリアルで起きたことで「ななつのこ」のあるエピソードと似ている部分があり、その小説の一編のエピソードを語り、その感想を駒子がつづります。

最初の3章目までは律儀に「ななつのこ」のエピソードとリアルのエピソードの繋がりが強くて、1章ずつが短編に近いですが、中盤から後半になるにしたがって、「ななつのこ」のエピソードは補助の役目だけでリアルのエピソードがベースになります。駒子の生活の中に「ななつのこ」の著者の正体が垣間見えてきます。

前半は童話的ミステリー、優しくて心臓に悪くない小説ですが、読み進めていくと、なんとなく、青春恋愛小説のような展開になっていきます。それはとても伏線がわかりやすいんですが、エンドはロロマンスエンドなのかぁーと漠然と思っていましたが、結局ロマンスということでもないのです。個人的には別にロマンスにはしてほしくないですが。ロマンスにしていると、この小説のテーマから逸れている気がするからです。そういう意味で、ロマンスにせず、ミステリーヒューマン小説に仕上げていて完成度が高いです。

読書量は少ないですが、私はミステリでこれほどまでに優しさを帯びているのをなかなかみたことがないですね。少し残念なのは、後半の作中の「ななつのこ」のエピソードが薄い存在になっていくことですね。前半はそのスタンスが明確なんですが、後半はリアリティと臨場感重視で、「ななつのこ」が希薄でさみしい気がしました。

本にポン酢をかけてしまった。 ガックシOTL

※作中の小説「ななつのこ」と本書<ななつのこ>の相違について
「ななつのこ」の装丁は麦わら少年(はやて?)が立っていること。<ボロ>虫取り網を手にしていて、顔が見える角度に立っている。田園風景が見えるらしい。
読んでいるときは、本書の装丁は作中の小説「ななつのこ」とリンクしているのだと思っていましたが、少々違うようです。


素敵な言葉どもが記事の跡

<プラネタリウムの中の>天頂付近には十字形のしるしがあり、その真下には黒黒といびつなシルエットが描き出している、投影機がある。彼こそは、この狭苦しい空間に宇宙を描き出す、孤独な芸術家なのである。
この比喩は我ながらロマンチックで、闇の中で一人照れた。

彼女はいつかきっと、その夢を叶えてしまうに違いない。持ち前の真っ直ぐな気性で、目的に向かって突き進む彼女のことだから。そしてふみさんならきっと、素敵な先生になるに違いないとも思う。素敵な先生と、魅力的な奥さんを、彼女はいとも軽々と両立させてみせるだろう。その為の苦労なんか、ちっとも辛くないんだと周囲に思わせながら。
 NHKの朝の連続ドラマのヒロインになれそうな人も、ときたま現実にいたりするのだ。この世もそう捨てたものじゃないと思う。

見ることだけを残された人間が、星を見上げるというのは、何かとてもよくわかる気がするよ。宇宙を支配するのは、ただ静寂だけだものね。グッドリックの仮説が、観測で確認されたのは、それから百年後のことだ。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 本ブログへ



この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kkk12liliyom.blog69.fc2.com/tb.php/154-d13bc120
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。