小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


禁じられた楽園 (徳間文庫)禁じられた楽園 (徳間文庫)
(2007/03)
恩田 陸

商品詳細を見る


前書き
魅力的なものというのは、どうしてこうも、直視しがたく、後ろめたさを感じることなのだろう。

誰しも本質的に欲していて、いつでも、それを手にしたいと思っている。チャンスがあれば、誰にも知られずに、
自分だけ独占したいと思っている。

だが、みんなが見ている前で、手が届くとしても、自分が手にするのは、憚られる。
魅力的なものには、リスクが伴う。いつも好奇と羨望がつきまうとう。
自分がそれを手にした瞬間、嫉妬、憎悪を生み出す。だから憚られる。

しかし、それは、それ自身自ら、自分の手元に舞い込んだ。
喜んだ。
自分が欲しているものが、それ自身が手元に舞い込んだ。
もう理性は、素っ飛んだ。うれしさのあまり。


結局のところ、リスクは、受け取っているのだ。



ジャンル・タグ 
ホラーサスペンス・ちょいダーク・ローファンタジー・カリスマな美術家・婚約者の失踪・心の闇

評価
前半  
素敵 

後半
良書

タイトルだけみて、読んでみた一冊。タイトルの「楽園」というのが気になって、恩田さんの楽園というイメージがどんなものか、わくわくしながら読んだ作品。思考がめまぐるしく展開して、深い心理描写が魅力でした。ストーリー展開は、堅実に作られたさすが恩田さんの作品。ただ、途中から方向性がブレてきて、物語を終わらすための着地点な読後感を感じました。

感想ネタバレ↓
タイトルからして、楽園は負のテーマを呈している作品である予感はありました。前半は恩田さんの良質なサスペンスです。個人的に主人公はいないです。ある意味、最後で主人公がわかるとも言えます。ネタバレすぎるので言いません。主役、重要キャラは、鳥山響一です。彼は、著名な美術家の息子であり、しかも、彼自身もアーティストとしてカリスマ性がある有名人。文章の一人称になる人たちは、鳥山の周囲にいたり、鳥山の間接的な影響を受ける人たちです。彼らがそれぞれの視点で鳥山と絡んでいく。そしてなんといっても、鳥山は、何か得体しれない「闇、悪」のような雰囲気を漂わせていることです。これが前半、きになって、きになってしゅうがないわけです。その隠している正体、考えとはなんなのか。良からぬ雰囲気にハラハラドキドキ、展開が待ちどおしくなります。

で、後半で出てくる鳥山の巨大な作品、そのアトラクションに進んでいく招待された人たち、ここまでは凄い発想だと思いました。ここを読んでいる時、少し「注文の多い料理店」の展開を思い出しました。次の部屋に入ると、そのまた次の部屋に入ると、次々と、おかしなイベントが待っていて、その不可思議な状況、現象に、正体がなんなのかわからなくて、薄ら怖い展開。わからないという怖さが、とても魅力的でした。この小説の恐怖の存在は、前半は鳥山の巧妙な考え、行動によるものでありましたが、それだけでは説明つかなくなってきて、オカルトなもの、ファンタジー要素に収束していったので、惜しくて、残念でした。最後も終わらすためのエンドでした。

別の話ですが、久野夏海と星野和繁が黒瀬淳の家に行き、あるものとあるものを発見し、完全なる伏線が張られる場面がありますが、二人はそれぞれ別々の伏線を持つこととなります。が、1つの伏線は使われましたが、もう一つの伏線は、その後、小説に一切触れられず、終わっていてあの件は何のためだったのか。読み終わってハッと気づきました。てっきり、夏海か、和繁がどちらかが鳥山側の誰かにつかまって、夏海、和繁の捕まっていない方どちらが、伏線をきっかけにして、糸口をみつける的な。と勝手に想像を。


素敵な言葉どもが記事の跡

何かの絵の展覧会で、母が額縁を指さして呟いた言葉を今もよく覚えている。

ごらん、捷、これは窓なの。絵を描いた人の窓なのよ。この額縁に囲まれた部分だけを切り取って、絵を描いた人の内側にある風景を見せてくれているの。本当はこの額縁の向こうに、広い広い世界がどこまでも広がっているの。捷が今見ているのは、そのほんの一部分だけなのよ。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 本ブログへ

関連記事

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kkk12liliyom.blog69.fc2.com/tb.php/172-954ab223
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。