小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫)燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫)
(1972/05)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る
燃えよ剣〈下〉 (新潮文庫)燃えよ剣〈下〉 (新潮文庫)
(1972/06)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


前書き
新選組副長土方歳三、新撰組の知将ぶりなどない。


むしろ、敵方の薩摩藩、長州藩といった尊王派に正当性、有能ぶりは伺える。

しかし、なぜだろう、近藤、歳三を含む新撰組に私達はなぜか夢をみる。銃、大砲などの高性能武器ではなく、おのれの強さのみそれだけを強さとする武士の象徴、刀。その刀どの組織よりも駆使、効率的に作った組織、新選組。

歳三、人生の中に常に戦いに身を置いた漢。

江戸の試衛館時代、浪士組、新選組の結成、池田屋事件、蛤御門の変、油小路事件、鳥羽伏見の戦い、甲州進撃、箱館戦争。


どんなときも、勝つための上策を考え、新選組を世に轟かせた。


これぞ、まさに天下無双の智将であり、鬼神のごとし。


ジャンル・タグ 
王道歴史小説・幕末・重量感(大)・新選組・土方歳三・人生

土方歳三を語ります。歴史物だけあって人物、地名を認識するのに忙しいです。
※官能的な表現が含まれています。



評価
  
素敵 

感想ネタバレ↓
司馬さんの代表作。有名な著者でありながら、難いイメージがあって今まで手をつけたことがありませんでした。燃えよ剣は幕末の土方歳三が中心にお話が展開していきます。どっちかというと、私のイメージでは土方歳三は頭がきれて、冷静沈着でインテリな少しキザな美青年がありました。しかし、司馬さんの描く土方歳三はすごく野生的で、利己的な印象です。理想はこどもっぽいが、実際に起こす行動は実に計画的であります。

今で言えば、幕末キャラでは美男子でかかれることが多いので上記のような連想をしたのだと思います。生まれは当時田舎である武州多摩の石田村で百姓の倅で、正式な武士の出ではありませんでした。そこにはインテリのエリートな姿はなかったのかもしれません。

といっても、歳をとるにつれ、荒っぽさは取れ始め、無口な冷淡さを帯び始めます。最後には感傷的にもっと泥臭い野心に燃えた熱い男、成り上がりの野心家だと本を読み終えるとそう思えるかもしれません。そこには剣に、戦いに一途な姿勢が見えてきます。

内容としては、最初の章ははっきり言っては官能小説のような流れになります。さすが、イケメンの土方って感じです。

もともと、武士や高貴な存在であることに関心があったようで、分際の貴い、身分の高い女性をあこがれ、男女の関係をもったり、土百姓でありながら刀を所持したり、道場で剣術の教えを請ったりすることからして、百姓であることの反骨精神や武士への憧れが強めていったようです。

歳三はなんかセレブをあこがれる人みたいだなと、わけのわからないことを反芻してみたりしました。そして男女が体同士で交合する祭礼が出てきます。それでもそのお祭り自体は格式高いらしく、今では想像するのが難しいです。
外なので今だったら公共猥褻罪でつかまりそうなとこです。現代における合コン、クラブなどの男女のやりとりや、結婚式の二次会での出会いの場のような役割を果たしていたのかもしれません。

また、
(幕府領だけ?)百姓が武芸ごとをするということは、当時は規制がゆるく、近藤や、歳三、沖田などを武士として成り立たせるために促進剤としての効力を発揮したのだと思います。そもそも、武士が農民に変わる事はあっても、農民が武士となるなど、身分的にできないことだったはずです。ですが、できてしまう現状は徳川泰平三百年の均衡が破れはじめて、たがが外れかけているとも予兆だったではと思います。実際、大きな戦いといっても数えられる江戸の世に武士という身分の形も変わってきたのかも影響にあるのかもしれません。

この小説を読んでいると、当時あった話の裏側や当時の文書や手紙の件が出てきて当時の背景を想像することができて史実を知らない私としては助かりました。司馬さんは史実に対して真剣に文献など集めてそれに基づいて自分の執筆を書き上げていたと聞きます。ただ登場人物には架空人物も盛り込まれています。それはあくまで小説であり、つまり小説とは主観的な含みしかもたず、史実とはなり得ないことを意味しています。ここでいう架空人物でのエピソードが入っているのは、プライベート側面の歳三が武士として、戦乱の中でどういう心境で人生を踏んできたかを司馬さんなりにみせたかったのだろうと思います。

終始、歳三の一人称が進めていく形になっていて、内面描写も歳三ですが、たまに他の人の内面描写も少ないですが出てきます。歳三の内面はけっこう悪口というかいちゃもんをいい放題ですw
例えば、新選組近藤勇のことをさんざんに書いていたりします。

気のきいた職人なら吐き出してしまうようなめしを、近藤は6、7杯も食う。下あごが異様に大きいから、少々の小骨ぐらいならかみくだいてしまう。しかもあごが張っているせいか、ものを食っている様子は顔中で粉砕しているような感じだった。

ひで~いい方だなと思って読んでいました。歳三の内面というよりは著者がただ単に近藤嫌いだとしか思えないような貶
(けな)しようですw 近藤だけとはかぎりません。妻の松井つねも無口で陰気で、料理がからっきし下手という風に書いてあります。すごい言われようですね。その他にいろいろ書かれているひとはいます。ex.「彦五郎は入用が多かろうといって金飛脚を差し立ててくれる。良き友はもつべきだ。」って、なんかかっこいいこといったつもりが単なる金づるじゃないですかw
以下省略です。

新選組、烏 合の衆でも、豪腕の奴らが集まっているのです。近藤が前に立ち、歳三が法を置き統率をとる組織。うまい具合に歯車がかさなり戦果をあげています。組織には違うタイプの種類の人間がいないと強固の組織ができ上がらないとききますが、この出身も流儀がさまざまな新選組はまさにそれだと思いま す。

そして戦況は変わり、幕府、旗本側から見ればどう考えても、佐幕する必要があるのは自分の保身を守るためで、西国の藩のひとたちが尊王攘夷といって幕府をつぶそうとするのは当然の流れといえるのでしょう。外が変われといっているのに、変われない奴らが政権を握っても、進展などおきないのかも。そんなときに革命が起きるでしょう。変わるときには中身からかわらなければいけないのだと思います。
近藤は政治的に戦況を把握して行く中で気持ちが揺れ動きます。

このときの
近藤の政権への持論はある意味、正当である考え方だと思います。どう考えても、保身を考えているような輩に攘夷など果たせない。そう考えてみると、歳三の気持ちを悟ったとしても、歳三のやっている事はなにか違和感というものを感じざるを終えません。天子とならざらない幕府とはどれほどの価値があるでしょう。冷徹でいる歳三という法があったからこそ、強い新撰組が保持されてきたのかもしれませんが、歳三はどこに向かおうとしているのでしょうか。そこには一途な考えの歳三がいるのです。

後半につれて、歳三は武士としてかっこよくなっていきます。最初は京での新選組の件が醍醐味だと思っていましたが、読み終わってみると、近藤や沖 田のいなくなった、薩長派が優勢な時、歳三ひとり孤軍で鬼の軍神として戦うあたりがめっちゃかっこいいし、面白いと思いました。


弧高の歳三は時代に取り残されたまま、自分の意志だけをつらぬいています。彼自身は考え方を変えると言うことを知りません。そのために取り残されます。しかし、その考え方、軸がぶれないゆえに、非常に“せいかく”です。それが敵方には恐れられたのです。

歳三が統率する新選組も同じように取り残されました。幕府に固執する意味だとなかったのです。だからこそ、世は動きました。そして新選組の心は動きません。歳三の意志とともに。

会津藩から、新撰組から、長州藩から、薩摩藩から見ようと、やはり自分の藩の言い分が正等な意見なのでした。近藤を含め尊王派も佐幕派の意見も合理的にみえても感情が多く含まれています。だれしも自分の合理性より自分の感情には勝てないのです。そしてそれが人間なのです。それでこそ、人間としての成立するものです。それなら、神様、仏様など神懸り的なものなど必要としないのだと思います。変わる事は勇気、やる気が必要です。保守に固執するのは未知への遭遇とエネルギーの消費を伴います。だれしもそうだと思います。近藤の心変わり、伊藤甲子太郎派の参加、同士達の別れ。新たに歳三についてくる同士の存在。小説は“おつな”感じでした。これこそ、歴史小説の醍醐味。

読んでてわかりましたが、土方の強さとは近藤や沖田がいなくなった後に、より発揮されたようです。新撰組時代よりも新選隊で活躍するとき、歳三は戦略として何をするべきか把握して常に素早く行動に移して敵を殲滅させた、ここがおもしろいと思います。うえの足かせもなく、自由に喧嘩師として振舞う様がなんとも小気味良い。


素敵な言葉どもが記事の跡
ここ以外にもいい言葉はありますが、あえて私はこれが好きです。桂の返しがとても好きです。
竹刀試合を挑まれ、天然理心流では勝てないので、助っ人として桂小五郎にして試合をしてもらって桂が勝利した後の場面


「さきほど、おみごとなお試合をみせていただき、眼福至極に存じました、あれほどの巧者な竹刀さばきは、甲源一刀流、天然理心流などのような田舎剣法では、とても及びません」

「おかげさまにて、当道場の面目は立ちましたが、ただ後学のために伺いたいことがござります、先生の精妙な竹刀さばきは、打物が木刀、真剣でもおなじぐあいに行くものでしょうか」

「わかりませんな」

桂は、相変わらず不愛想だ。歳三はなおも、

「天然理心流にしろ、甲源一刀流にしろ、馬庭念流にしろ、武州、上州の剣術は、実戦むきにできたものですから、ついつい、道場剣術では、江戸の大流儀に負けをとります」

「そうですか」桂は、そんな話柄には興味がないらしい。

「もしも」

歳三はにらみすえて、

「いかがでしょう」

「なにがです」

「あれが竹刀でなく真剣なら、七里研之助をああは容易に撃てたかどうか」

「わかりませんな」と桂は言った。相手にならない。田舎の小流儀派に教えにゆくと、かならず歳三のようなのがいて、実戦ならいかがなものでしょう。という。桂は慣れている。

「しかし桂先生、もし暴漢がいて、先生に襲いかかってきたらどうします」

「私に?」

桂ははじめて微笑った。

「逃げますよ」






最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 本ブログへ

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kkk12liliyom.blog69.fc2.com/tb.php/51-87db2322
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。