小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2000/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312001/03
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精霊の守り人 (新潮文庫)精霊の守り人 (新潮文庫)
(2007/03)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る


前書き
<第1章 新ヨゴ皇国>
この地ナヨロ半島には約百年に一度、大きな干ばつに見舞われる。

古い記録によれば百年に一度の大旱魃の年には、奇妙な事件が報告されている。
魔物があらわれて災いをもたらすという話がある。100年前にも事例がある。

星読博士は愕然とした。もしその年が今年ならば、皇子さまの身の上におこっていることは…


ジャンル・タグ 
ファンタジー・重量感(小)・中華モンゴルな皇国王朝・皇子・星読博士・言い伝え

守り人シリーズ第1作目。獣の奏者がとてもいい作品だったので、さっそく次の作品にも手をのばしてみました。感じた雰囲気からいうと、萩原規子さんの勾玉シリーズに色合いが近いです。一話完結です。

評価 
素敵 

感想ネタバレ↓

皇子さまが精霊にとりつかれて、それを取っ払うにはどうすればいいか探しに行くお話。

話の展開は凄くスムーズです。短い節目節目に進展が進むようになされていてダレることもありませんでした。
特に主人公が年増の女性っていうが良かったですね。ファンタジーといったら、少年少女あるいは若い青年っていうパターンばかりが多く見る機会が多くて、今回は新鮮でした。むしろ主人公がおじいさん、おばあさんという設定があったらぜひ見てみたいですね。

本文より
「強い者が伝えた伝説と、弱い者が伝えた伝説では、たいがい、弱い者の伝説の方が、曲げられるだろう、ってのが、経験からわかるからさ。」

たしかに勝てば官軍で、正しい根拠や理屈を並べても、高い権力や強い武力の前では、勝てば正義がなされるのも条理なのかもしれないですね。

さらに文は続き、
「いや、たしかにそういうこともあるけど、しいたげられた者たちも、よく伝説を飾ると、おれは思ってる。そうしないと人としての誇りをたもてないからね」
そう考えてみると、現実世界で今まで歴史的におこったことは真実とはいえないのですね。歴史的な文献もつねに客観的にであろうとして、常にその属性は主観、観念に置かれている。それを念頭におきながら歴史とは著者の歴史「像」をみるべきなのかも。

ヒトメモ
ナグ・・・目に見える世(ヤクーの宇宙観)
ナユグ・・・見えない世(ヤクーの宇宙観)
ニュンガ・ロ・チャガ<精霊の守り人>
ニュンガ・ロ・イム<水の守り手>
ラルンガ<卵食い>・・・土の精霊
ヨナ・ロ・ガイ<水の民>
ヂュチ・ロ・ガイ<土の民>


素敵な言葉どもが記事の跡
バルサがジグロの思い出話を語るときがイイ。
「ジグロが死ぬとき、耳元でいったんだよ。父さん、父さんが犯した罪は、わたしが償うから安心して眠って、ってね。そうしたらね、ジグロは苦笑して、いったのさ。人助けは、殺すよりも難しい。そんなに気張るなってね。
ジグロは正しかったよ。争いのさなかにある人をたすけるには、別の人を傷つけなければならない。ひとりたすける間に、ふたり、三人の恨みをかってね。もう、足し算も引き算もできなくなっちまった。今はただ、生きてるだけさ。」


「16のときジグロに、別れようっていったんだ。わたしはもう、自分の身は自分で守れる。もうジグロに充分たすけてもらった。もういいから、他人にもどって、どうか自分の人生を生きてくれって、ね」

「いいかげんに、人生を勘定するのは、やめようぜ、っていわれたよ。不幸がいくら、幸福がいくらあった。あのとき、どえらい借金をおれにしちまった。…そんなふうに考えるのはやめようぜ。金勘定するように、過ぎてきた日々を勘定したらむなしいだけだ。おれは、おまえとこうして暮らしてるのが、きらいじゃない。それだけなんだ、ってね」

「そういわれたのに、わたしも馬鹿だよね。これまでずっと人の命を金に換算して、用心棒をやってきちまった。だから、いくら命をすくっても、ちっとも、すっきりしなかったんだろうよ」

「だけど、いまはけっこうすっきりしてるよ。あんたの用心棒をやって、はじめて、ジグロの気持ちがよくわかった」






最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 本ブログへ

関連記事

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kkk12liliyom.blog69.fc2.com/tb.php/59-aabb912c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。