小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博士の愛した数式 (新潮文庫)博士の愛した数式 (新潮文庫)
(2005/11/26)
小川 洋子

商品詳細を見る


前書き
私が80分しか記憶が持続しないとしても、数字という存在は決して忘れない。
私が素晴らしい数字の美しさを教えてあげよう。


ジャンル・タグ 
ほのぼのヒューマンな恋愛小説・現代・重量感(小)・80分という大切な時間・数字の美学・博士を愛した「私」

評価  
良書

なかなか新しい本を読む時間とれなくて最近読んだ本ではないですがご紹介します。博士の数式と母と息子のルートの愛情が結びつき、そこから新たな人間のあり方が描かれた作品。ゆったりした時間が流れ、やさしい気持ちになれます。数字と同様に3人の愛が美しいです。この小説を読み直すことがあったら更新すると思います。

感想ネタバレ↓
内容はとてもきれいに書かれて、小説とは相反的な数学の世界を垣間見せつつも、それが主張しすぎず、算数、数学に抵抗があるひとでも読みやすい小説だと思います。特に数学を出してくるだけでも、意外性があるのに、さらに博士は記憶のとどまる時間のみの中で生活をしていくという博士に課されたハンデというものが意外性を引き立て、その2つのテーマが象徴的です。
親子二人が注ぐ愛情は物語を進める中でどんどん湧き上がってくるのを感じることができるし、博士は博士なりの愛情というものを紡ぎ出してくれます。

家政婦である主人公は最初の段階から警戒心もなく博士と接していています。そのことは自分には少し疑問に感じる部分でした。人は最初の初見の段階と付き合っていく中で自分がその接していく相手に対しての心理的な感情の変化が見られると思います。しかし、主人公は最初から博士に対しての愛情に近い形の感情を持ち合わせていたことが腑に落ちなかったところです。もっと接していく中で博士がどのような人物なのかか徐々に知っていく中で、主人公の新しい気持ちというものがみれると個人的にはうれしかったと思います。
また、博士の義姉の役割がなんとなく雑な感じが残念な点でした。その義姉は博士との関係が深い存在であるはずですが、キャラクターとして義姉の存在が軽薄で、義姉を繋がりを明確に描いてくれていなかったことは残念でした。

作品としては派手さはないですが、やさしさのある良作です。分量も小説の中でも多い方ではなく、読んでいくにはスムーズに流れていく感じでした。やはり、日常生活に関わりのない数学の世界が私達が知らないだけで実はすごく身近に存在していることの実感と、その数式の美しさ、3人の愛情の満たされた生活、それぞれが心をほっとさせるような作品でした。

素敵な言葉どもが記事の跡
28は、自身を除くすべての約数を足していくと28になる「完全数」になる。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 本ブログへ

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kkk12liliyom.blog69.fc2.com/tb.php/85-2bc8f043
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。