小説の感想・レビューです。ネタバレあり。物凄く更新遅いです。ご了承ください。訪問ありがとうございます。
2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三月は深き紅の淵を (講談社文庫)三月は深き紅の淵を (講談社文庫)
(2001/07/13)
恩田 陸

商品詳細を見る


前書き
ミステリとは、単に殺人事件がおきて、それを推理して解決することをいうわけではない。

不可解なトリックのある殺人+名推理 がミステリではない。

ミステリ、謎の失踪事件がおきて、その謎を追っていくんだって良い。名も知らない辺境の地へ引っ越してきた村の住人が、奇天烈で薄気味悪い言動を主人公に差し向け、その奇妙な世界に主人公が引きずりこまれてしまう話だって良いのだ。そのゾワゾワとした、そのはらはらさせる謎を含んだストーリーに「ミステリ」という存在をみるのだ。

例えば、「三月は深き紅の淵を」という本を例にしてみれば良い。この本はほんとに謎なのだ。何が謎かというと、「三月は深き紅の淵を」という本のストーリーが一切書いていないのだ。書いてあるのは、その作品が何部で構成されているだとか、作品のすばらしさを語られたり、作品がどのような構想で書かれているかを書いているだけで、肝心のこの作品のストーリーが記載されていないのだ。ほんとに謎な本。予告、宣伝だけで本編が書かれていない本。だからこそ、無性にそのストーリーが記載された「三月は深き紅の淵を」という本を読んでみたくなる。

人は謎を求めたがる。人のサガはとても mystery である。


ジャンル・タグ 
ミステリ・サスペンス・現代・重量感(中)・幻の本「三月は深き紅の淵に」・本の存在意義・本を読む読者の視点・本を書くと決めた哀しいプロローグ・本を書く作家の視点・一人称と三人称のロンド

評価  
素敵 

「麦の海に沈む果実」シリーズ(それぞれの物語は個々別物ですが、キーワードがリンクしているシリーズ)。シリーズで2番目に読むべき小説(最後の方がしっくりくると思うですが、どうでしょう?)。

幻の本「三月は深き紅の淵に」にまつわる短編集。小説をあまり読まない人は気持ちに共感しにくいかもしれません。そう思わないとしても、ミステリなら素直な本を選択するのがいいかもしれません。しかし、小説をよく読む人は読んでみるべき本です。小説好きには思わず「なるほど」うなずいてしまう小説ではないでしょうか。なぜなら、小説の良さを読者視点で解説、説明していくストーリーだからです。しかも、著者(架空の著者)の性格判断があったり、ミステリでもありつつ、小説家の頭の中を少しだけ覗かせてくれる物語となっているからです。小説の物語の流れの一本調子な面に慣れている小説好きにはおすすめしたい本です。数ある小説の中ではマニアックな小説ではないでしょうか。内容がマニアックというわけではなく、文章の構成という意味で。


感想ネタバレ↓
第一章 待っている人々 ☆☆☆☆☆
恩田さんいいとこついてきますね。1章から物語にくぎつけになりました。特に本読み好きのひとにはたまらない議論が繰り広げられていて、「確かに、納得」とおもったり、「そういう考え方があったか」といちいち得心していました。

<本文より>今や新しいミュージシャンやカルチャーというものは、彼女たちにとって一種の投機なわけですよ。いかに早く、雑誌やテレビで話題になる前に誰もおしゃれなものに唾を付けるかという点に彼女たちは最大の労力を割いているんであって、決して対象にのめりこんでいるんじゃない。そういう新しいものを見つけた自分というものが中心にある。流行は周期が短くなる一方で、ますますみんな飽きっぽくなった。

趣味の話題となり、議論が交わされます。ここでは、いろいろなものが選択できるようになりましたが、むしろ、あらゆる情報が提供されるようになって、選択肢が少なくなったと。文化の画一化につながったということです。情報がありとあらゆるジャンルに至るまで手を付けられた結果、アングラ(アンダーグラウンド)というものがなくなり、なんでもが大衆消費のレベルまでひきずり降ろされたと読書会の3人が言っています。確かにそうその通りだと思います。自分で見つけ出すという自発的な選択がなってしまって、流れてきた情報に受け身になっていると思います。自分で思考錯誤するということがなくなっていますね。最初から正解は与えられて、努力した結果、得られた感動、喜びなどなく。特に、ミュージックにしても、スポーツにしても深く体験したことがないのに、情報だけを得て知った様な気になってしまう場合も多いのではないでしょうか。

※ネタバレ注意

第1章の「三月は深き紅の淵に」


第一部 『黒と茶の幻想』サブタイトル「風の話」
ロードムービー的で時間軸で物語が進む。
4人の老人、壮年の男女がだらだら旅をする話。
場所は恐らく、屋久島。
島の最深部の伝説の桜の樹を探しに行くのが目的。
彼らの人間関係不明
いきあたりばったりで断片的な変な事件の話の数々。
推理作家にファンが多い。
砂漠の外れの塔で3人の修道士が首を吊る話。
霞が関の電信柱に小人の手形がついている話。
祭りの最中、密室の広場から子どもたちの集団がいなくなる話。


第二部 『冬の湖』サブタイトル「夜の話」
第三部 『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』サブタイトル「血の話」
第四部 『鳩笛』サブタイトル「時の話」


<本文より>「例えば、僕が上司に、飲み会を断るとしますよね。『今日は早く帰って、こないだ並んで買ったTVゲームやりたいんです』で済ますでしょう。でも、『今日は早く帰って本読みたいです』って断ったとしたらどうです?上司の心中はきっと穏やかじゃないだろうし、きっと僕に対して反感をもつでしょうね。みんなTVゲームは画一的で、本人の思考が入る余地がないこと知ってるから安心できる。でも、本読む奴というのは、みんな違うこと考えてる、一人で違うことをやっている人間だとみなされる。」


最近は本を読む人が少なったという話題となり、読む人間は昔よりも憎まれてると、主人公鮫島巧一が主張する場面です。忙しくて読む時間がないという理由はいいですが、例えがちょっと強引すぎると感じました。だいいち、TVゲームにしても、読書にしても、一人でできる趣味で「どちらもいつでもできるだろ」って上司は思って反感をどちらにも持つと思います。本読んでいる人が多様性を備えているとか、TVゲームをやっているひとは画一的な考え方をしてしまうだとか、それは全然根拠がないし、仮に思うにしても、個人レベルでの、本とTVゲームのイメージになって、「一般的に上司は~と考える」とは全く言えないとここのくだりを読んでいて思いました。ほかに例え、思いつかなかったのかなって。

第二章 出雲夜想曲 ☆☆☆☆
第2章では、
この小説の中のディベートの掛け合いは京極さんの小説のそれと同様に奥深いものがあります。京極さんの場合は議論を交わす同士は対等な関係ではなく、質問者と回答者という上下関係の中で議論を展開させていきますが、恩田さんの場合、議論を交わす同士は対等な関係で、ライバルとして、自分の主張を戦わせます。そこがとても奥深くて面白いです。しかも、このストーリーのテーマが本、小説にまつわる話なので、勝手にこのブログでいろんな小説の紹介をしている私にとっては参考になることばかりでした。それは語句・熟語であったり、読者としての視点であったりです。どういうところに目を付けているかが、なるほど納得、鋭いと感嘆しまくりでした。

流れが良かっただけにオチがすごい楽しみだったのですが、正直オチが知れた時に残念でした。幻の本「三月は深き紅の淵に」の作者がだれであるのかという推測が、可能性のある作家、または素人から候補を列挙していき、可能性を一つ一つ消去法で消していき、最終的に最後に残った答えを彼女たちの議論の中で語っていきます。そして、その著者を調べ上げ、目的の出雲へ。なぜ、タイトルに出雲とあるかというと、出雲に著者がいるという結論に主人公が至ったからです。

著者と思われる人物の縁の地にたどり着いたとき、本当の真実があらわれるんですが、なんとまぁ、手っ取り早いオチというか、都合がよいオチでがっかりしました。このオチなら、さんざん臭わしておきながら、答えを最後まで明かさない方ががっちり私の心をつかんでいたかもしれないです。列車の中の討論が素晴らしかっただけに、オチを性急に書き上げてる感じがありました。性急に書いていないにしても、コンパクトにオチにつなげすぎた感があります。そこは、もう少し展開を伸ばして近道せずにオチに持っていくか、さっきも言った通り、オチを言わないのが個人的にはよかったです。第一、双子の次女さんはともかく、長女さんの話はもう少し詳しく掘り下げた方がストーリーとオチの流れ上、説明してくれた方がうれしかったです。


第三章 虹と雲と鳥と ☆☆☆
第3章、ここまでの章の流れから想像して、幻の本「三月は深き紅の淵を」の内容の具体的な話が出てくると思っていましたが違いました。著者 野上奈央子(登場人物) が「虹と雲と鳥と」というノートを手にし、美佐緒(主人公)の意思をくみ、本を書く決意をするきっかけとなった物語です。この奈央子が書く小説が、「三月」の小説かどうかは文章のなかでは触れていません。

それにしても、1章、2章とはだいぶ雰囲気を変えてきました。たとえるなら、乙一さんの小説のようなどこか影を落とした物語。そしてなんともせつないというよりやるせない話でした。この物語をは通して負のオーラを漂わせ、切迫感が伝わってきます。この章は尻上がりに結末どうなってしまうんだろうというドキドキハラハラ感が増すタイプのミステリでした。登場人物は話が短いながらも多く、主人公は決まっていますが、一人称はちょくちょく変わっていきます。それぞれの登場人物の心情が順々に書き連なれ、最後の美佐緒と祥子の儚い命を落とそうとする時、気持ちがつながった瞬間の二人のそれぞれの心情がほろりきました。「なんで。わかりあえたじゃん」と助けてあげたい気持ちでいっぱいに。

第四章 回転木馬 ☆☆☆
第4章に書いてました。1,2,3章、4章の設定がどうなっているのかが。
1章 まだ、これから書き上げようと構想中の存在しない「三月は深き紅の淵を」という本の魅力を人に語る物語。
2章 実在する「三月は深き紅の淵を」という本についての著者がだれなのか探究していく物語。
3章 「三月は深き紅の淵を」という本が書かれるきっかけが書かれた物語。
4章 今まさに「三月は深き紅の淵を」書き上げようと思案している所を垣間見る物語。

これだけ挙げると、数珠つなぎの物語に思えますが、「三月は深き紅の淵を」という本がキーワードなだけでどの章も一つの物語として完結しています。例えば1章が2章と時系列が同じなわけではなく、完全に別個の世界です。3,4章も同様で独立した世界。連作短編集と短編集の中間といった感じです。しかも、それぞれの章は、ミステリの要素を出したり、エッセイ的だったり雰囲気をあえて変えているようです。「三月は深き紅の淵を」という本の存在が近くなっていくという意味でこの章の順番で書かれているようです。

詳しくは4章で語られています。主人公はいますが、どうも4章を読んでいると、その後ろにいる恩田さんの考えや本心が語られているように錯覚しています。本心:設定=50:50といった感じなのでしょうか。でも、これはこれで、本心じゃないにしても一つの作家さんの心情がどういう気持ちなのかが垣間見れて少し新鮮でうれしかったですね。



<解説:皆川博子>

素敵な言葉どもが記事の跡

「面白い本が読まれる、注目されるというのは幻想ですよ。私たちがめちゃくちゃ面白いと思っている本だって、みんなに読まれるとは限らない。面白いのに埋もれている本はいくらでもある。ある作品がスタンダードになるかどうかというのは運不運もあるし、タイミングというのもある。私が天国まで持って行きたい、私の後に生まれる人間にどうしても読ませたいという作品が後世に残るわけじゃない。「三月は深き紅の淵を」が素晴らしい作品だというのは、ここにいる我々や、ほんの少数の人間の共同幻想かもしれない。読書というのは本来個人的なものですから、これはいたしかたない。第一、我々は自分がちょっとばかし本をよんでいると自惚れているかもしれないが、これだってとんでもない幻想です。」





最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 本ブログへ

関連記事

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kkk12liliyom.blog69.fc2.com/tb.php/95-09f21c65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。